赤ちゃんがあせもになる原因と対策

目安時間:約 3分
Pocket

暖かくなってくると大人でもあせもがでたりします。

 

特に赤ちゃんはまだ免疫力も弱くあせも以外でも簡単に肌に発疹が出てしまいます。
肌がかゆくなると赤ちゃんは当然ながらかかないように我慢する事は出来ません。
そして肌を掻き壊してしまうと、そこから別の菌が入って新たな炎症の原因にもなります。

 

大人が気を付ける事で防げる場合もあるので、本格的に暑くなる前に原因と対策を知っておきましょう。

 

あせもの原因

 

あせもになる原因は、汗の管がなんらかの原因で詰まってしまう事です。

 

 

詰まってしまうと、汗に含まれるアンモニア分で汗の管は内側で炎症を起こします。

そして汗の管の数は大人でも子供でも変わらないので、体の面積が小さい分赤ちゃんの方が汗の影響を受けやすいです。
乾きにくい場所に汗をかくと、新たに出てきた汗の行き場が無くあせもになりやすいと言われています。

 

あせもではないですが、赤ちゃんは肌のバリア機能もまだ未熟なので、汗自体が皮膚を刺激して炎症を起こしてしまう場合もあります。
もちろん汗以外にも炎症を起こす可能性は多々ありますので、発疹が出たらまずは専門医の診断を受けましょう。

 

あせもの対策

 

あせもにならない為に。

まずは肌を清潔にしている事が大事です。
そして夜は汗がこもりやすいので、大人が温度を調節してあげましょう。

 

常に清潔にしているし、体温調節もしっかりしているのにあせもになってしまう!

 

という場合は汗や皮脂以外の理由で管が詰まってしまっている可能性があります。

 

最近では赤ちゃん用の保湿剤を使っている家庭も多いと思いますが、油系の成分が入っている保湿剤は避けましょう。
保湿をする事自体は肌のバリア機能を高めるうえで大事な事ですが、油分はそれ自体が毛穴や汗の管を詰める原因になってしまいます。

 

パウダーも同じように管を詰める原因になります。

 

あせもになってしまったら

 

あせもが出来ると肌が炎症を起こして、細菌やアレルゲンが肌の中に入りやすくなってしまいます。
ステロイド等の炎症を抑える塗り薬で肌を早く元の状態に戻しましょう。

 

また、痒みは掻く事で痒さを伝える神経が繋がって、より痒みを感じるようになります。
ステロイドに抵抗のある方はヒスタミンを抑える薬を使って、痒さを抑えてあげてください。

 

細菌が肌の中に入らないようにするためには、肌を弱酸性に保つという事も大事になります。
しかし荒れている肌はアルカリ性に傾いてしまっている状態です。

 

市販の石鹸は赤ちゃん用のものでもアルカリ性に作られているものが多いので、肌荒れ状態の時には出来るだけ弱酸性のものを選ぶようにしましょう。

 

カテゴリ:予防医学  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ