加齢臭の対策と臭いの原因

目安時間:約 4分
Pocket

男女共にいつかは加齢臭を漂わせるようになります。
個人差はありますが、だれでも加齢臭を発している可能性はあります。

中高年の体臭の原因が
ノネナール

という成分であるという事が2000年に化粧品会社で発見されて
「加齢臭」という名前ができました。

 

なんでもそうですが名前が付いてしまうとより気になるようになってしまいますよね。

 

加齢臭の原因

 

今発見されている体臭の種類は二つあります。

一つはチーズや古本のようなにおい

これは前述のノネナールが原因です。

 

皮脂が酸化すると過酸化脂質というものになります。
この過酸化脂質は様々な皮膚トラブルを引き起こします。

 

40歳を過ぎたころから皮脂腺から分泌される
パルミトオレイン酸
の分泌がふえてきますが、このパルミトオレイン酸が過酸化脂質によって酸化したり、皮膚の常在菌によって分解されるとノネナールが作られると言われています。

 

もうひとつはペラルゴン酸が原因になる

使い古した油のようなにおいです。

 

ペラルゴン酸も過酸化脂質の一種で、同じように皮脂が酸化した物質です。
皮脂の分泌量は30歳がピークになるので、この油臭いにおいは30歳男性に多いと言われています。

 

加齢臭の対策

 

どちらの原因にも共通しているのが、皮脂の酸化です。

 

皮脂を取り除きすぎると肌が乾燥して肌トラブルの原因になってしまいますが、余分な皮脂はそのまま放置することも肌にはよくありません。

また、皮脂の酸化だけではなくメイクの油分や乳液の油分が酸化しても過酸化脂質になってしまいます。

 

加齢臭の抑制には肌を清潔な状態に保つのが、当たり前ですが何より大事です。
余分な油分は酸化する前に取り除きましょう。

 

次の対策として、それでも肌に浮いてくる油を酸化させないという事です。
これにはビタミンC・Eやアスタキサンチン、βカロテン、カテキン等の抗酸化剤の摂取が有効です。
抗酸化剤のなかでも化粧品原料等に用いられるメマツヨイグサ抽出液は抗酸化作用・抗炎症作用も持っていますが、体臭の抑制に特に効果的と言われています。

 

そして加齢臭自体を消す対策としては、やはり消臭剤を使うという事になります。
これは皮膚の常在菌の静菌作用のあるミョウバン溶液が有効です。

 

それ以外でも最近では消臭作用のある繊維等も発明されています。

 

加齢臭の発生しやすい生活習慣

 

①喫煙習慣

これは喫煙によってビタミンCが破壊されるためです。

 

②肉類・油もの中心の食生活

皮脂の分泌が増える原因になります。

 

③ストレスをため込んでいる生活

ストレスにより活性酸素が体内で作られます。
これにより酸化が促進されます。

 

まとめ

 

加齢臭を漂わせるようになってしまうと、自分では気づきにくいものです。

マナーとして自分で出来る対策をきちんとして、周りに気を使わせないようにしましょう。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ