活性酸素とは?原因と対策

目安時間:約 6分
Pocket

先日

人間の病気の90%は活性酸素が原因

という事を書きましたが

今日は活性酸素とは何かという事について詳しく書いていこうと思います。

 

活性酸素はガンの原因にもなるし、心疾患や脳卒中の原因にもなります。

ちなみに上の三つは、日本の病死トップ3ですね。

 

しっかり対策をして、自分や周りの人たちを守っていかないといけません。

 

活性酸素ってなに?

活性酸素というのは、不安定な酸素の事です

活性酸素と言うと、なんだか元気な酸素という感じがしますが、

そんな気の良いものではありません。

活性酸素は寂しがりやの酸素で、誰とでもすぐ仲良くなろうとします。

 

しかし、活性酸素と仲良くなった物質はもれなく酸化します。

リンゴが茶色くなったり鉄が錆びたりする状態ですね。

 

そんなものが人間の体の中では常に作られています。

 

例えば電磁波を浴びた時や、紫外線を浴びた時。

ストレスを感じた時や激しいスポーツをした時

(ちなみに朝の満員電車のストレスは、戦場の最前線と同程度と言われています。)

激しいスポーツをした時や長距離を移動する時。

細菌が体内に入った時、細菌に対抗するための医薬品を摂取した時。

 

すべてが活性酸素が発生する原因になります。

 

携帯電話の普及率は80%以上と言われていますが、

携帯電話を持っていない子供の人数を考えれば、大人はほぼ100%日常的に

携帯電話の電磁波を浴び続けているのではないでしょうか?

ほぼ全てのサラリーマンが毎日満員電車を経験しているし、

ウイルスにさらされています。

風邪をひけば薬を飲むでしょう。会社を休むわけにはいきませんから。

日光を浴びない生活も無理です。

 

つまり日常生活を送れば活性酸素は増えてしまうと言うことです。

 

活性酸素が出来るのを抑えることは、生きている以上出来ません。

出来てしまった活性酸素をどうやって減らすかがポイントという事です。

 

活性酸素の種類

スーパーオキサイド

過酸化水素

ヒドロキシルラジカル

一重項酸素

 

この四種類が、活性酸素と呼ばれるものです。

しかし厄介な事に、それぞれの活性酸素を分解する成分はそれぞれ違います。

 

スーパーオキサイドを分解するものはSOD酵素という、

人間の体が本来持っている酵素とミネラルです。

SOD酵素は年をとるに従って減ってきてしまいますが、サプリメント等で補う事が出来ます。

しかしSOD酵素によって分解されたものが、次に出てくる過酸化水素です。

 

過酸化水素を分解するものは、カタラーゼやマンガンと言った栄養素です。

これを3%に薄めたものが、昔誰しも使っていたようなオキシドールですね。

消毒や漂白の時に使うものですが、人体には劇物です。

 

ヒドロキシルラジカルを分解するのはビタミン群です。

水素でもヒドロキシルラジカルの働きは弱まる事が分かったそうですが、

これは血液中に点滴などで投入する事でやっと効果が期待できる程度です。

一時期流行った水素水にはなんの効果もありません。

ちなみにヒドロキシルラジカルは最も酸化力が強いと言われています。

 

一重項酸素を分解するのはリコピン等のカロチノイドです。

これは紫外線を浴びる事で出来る活性酸素です。

肌トラブルの原因になる活性酸素ですね。

 

と言う事でそれぞれの活性酸素を消去してくれる栄養素はあるのですが、

全てを摂取し続けないといけません。

なぜならそれぞれの栄養素はそれぞれの活性酸素と戦う事で消費されてしまうからです。

 

しかし栄養素の中で唯一、全ての活性酸素と戦う事が出来る栄養素も存在します。

 

活性酸素の対策

αリポ酸は全ての活性酸素と戦う事が出来て、

さらに他の活性酸素と戦う栄養素を補助する事も出来て、

さらに繰り返し活性酸素と戦う事の出来る酵素なのです。

 

人間の体の中でももともと作られる酵素なのですが、

例によって年とともに合成量は減っていきます。

 

食べ物にも含まれている成分なのですが、

含有量はごくわずかなので結局はサプリメントで摂取するしかないでしょう。

ちなみに食べ物だとほうれん草やジャガイモなどに含まれていますが、

一日の摂取目安の200グラムのαリポ酸を摂ろうとすると、

ほうれん草を300キロというとんでもない量になってしまいます。

 

サプリメントで摂取する場合吸収率が問題ですが、

基本は空腹時に摂取するのが効果的なようです。

脂肪燃焼を助ける効果もあるので、一時期はダイエットサプリとして有名になりました。

摂取した糖分を速やかにエネルギーに変えるという作用もあるので、

血糖値の上昇を抑える効果もあります。

外国では医薬品としても処方されているようですね。

 

まとめ

長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

アメリカでは現在サプリメントの普及率が日本の携帯電話普及率と同じくらいになっているそうです。

医療が発達して長生きが出来る時代になったからこそ、

いかに長く健康でいられるかが大事になってきているんですね。

 

僕も自分の娘たちの世話にならないよう、

今から健康に気をつけて生活したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ