バルジ領域と薄毛、白髪の関係

目安時間:約 4分
Pocket

バルジ領域という言葉を聞いた事があるでしょうか?

2000年に発見されて以来、研究が進んでいます。

白髪が出来るメカニズムはずっと謎だと言われてきたのですが、

どうやらこのバルジ領域が白髪に深く関わっているということが分かりました。

 

そしてこのバルジ領域というのは、

先日の記事で紹介した薄毛にも関係してきます。

 

 

バルジ領域とは

 

上の図は毛穴のイラストです。

毛穴の一番下は毛母細胞で細かい血管と繋がって栄養が送られています。

毛穴の出口付近の横にくっついているような部分がバルジ領域です。

バルジ領域の中には

毛包幹細胞

色素幹細胞

といった細胞の卵が沢山入っています。

 

難しい説明は省きますが、考え方としては

 

毛包幹細胞=新しい毛を作る細胞

色素幹細胞=毛の色を黒くする細胞

という事です。

バルジ領域にこのどちらかの幹細胞が無ければ、

新しい毛が生えてこないし生えてきても白髪

ということですね。

 

 

17型コラーゲンとバルジ領域の関係

 

17型コラーゲンというのは、幹細胞を固定しておくために必要なコラーゲンです。

これが無くなると、幹細胞は本来の機能を失ってただの皮膚になってしまいます。

そして最終的にはフケとして剥がれ落ちていきます。

毛になるはずの幹細胞がフケになってしまうんですね。

 

17型コラーゲンを含むサプリメントやシャンプーという触れ込みで市販されているものは沢山あります。

ですが、このバルジ領域を発見した東京医科歯科大学が公式に

市販されているものを調べた中で17型コラーゲンが配合されている物は無かった

と発表しています。

またそういう製品があったとしても

直接頭皮に塗ったり摂取する事で意味があるのかどうか分からない

との事です。

残念ですが、さらに研究が進むのを待つしかないですね。

 

薄毛・白髪の対策

 

じゃあ結局どうしたら良いのかという事ですね。

 

実は17型コラーゲン自体を外から取り込む事に意味は無いですが、

自分自身で17型コラーゲンを作るのを助ける成分は存在しています。

また、17型コラーゲンは遺伝子が損傷を受けたときに減少しますが、

そもそも減らさないということも大事です。

 

そこで効果があると言われる成分を紹介したいと思います。

 

・マジョラムエキス

17型コラーゲンの産生を促進させる作用が確認されています。

またヒアルロン酸の産生促進も確認されているので、頭皮にも良さそうですね。

 

・ビワ葉エキス

遺伝子損傷を抑制する効果が確認されています。

また、先日の記事で紹介した脱毛因子が出来るのを抑える効果もあります。

 

これはどちらも頭皮に塗るものですね。

 

まとめ

 

バルジ領域には健康な髪が出来る卵がたくさん詰まっていて、

この卵を孵化させるのに大事なのは17型コラーゲンです。

 

17型コラーゲンは元々人間は持っています。

ですが、DNAが損傷を受けたときに減少していきます。

 

17型コラーゲンを直接補給する方法は今のところ無いので、

いかに増やすか、そして減らさないかと言うことが重要になってきます。

そして、DNAの損傷の原因は活性酸素です。

 

ここでも活性酸素が関わってきているんですね。

にっくき活性酸素については先日書いたのでご参照下さい。

 

有難う御座いました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ