ラジウム温泉とホルミシス効果

目安時間:約 6分

先日銭湯に行ってきました。

 

近頃はめっきり少なくなりましたが、スーパー銭湯とかではないごく普通の400円で入れる銭湯です。

 

そして、その銭湯の目玉商品?というか目玉風呂のラジウム温泉にゆっくり浸かってきました。

 

浸かりながら温泉の説明書きみたいなものを読んでみると…

 

ラジウム温泉というのは、放射性物質を含む温泉の事だそうです。

 

効果・効能としては体温上昇・免疫力上昇・身体活性化等、具体的な症状としてはリューマチや胃腸の疾患、関節の症状や脊椎の症状、更年期障害などの内分泌系の症状、創傷、神経痛や神経炎などの神経に関する症状、自律神経失調症や精神的疲労、ノイローゼ、神経症の沈うつ型などの精神関連の症状、喘息や慢性気管支炎、皮膚疾患、がん疾、不妊症、肩こり、痔、うちみ、くじき、しもやけ、また腎臓病や肝臓病、心臓の疾患や動脈硬化症、痛風、歯周炎など

 

…。

 

多い!!!!

 

効果・効能ものすごーく一杯ありますね。

 

これが全部本当なら、ラジウム温泉にさえ入っていれば人間生きていけるんじゃないか?

 

とさえ思ってしまいます。

 

でもそもそも放射能ってこんなに世間で騒がれているのに、それが体に良いってどういう事なんでしょう?

 

何年か前の地震以来関東近辺は放射能の数値が他の地域に比べて高いと言われていますが、放射能が体に良いなら数値が高いのも願ったりじゃないですか?

 

不思議に思ったので、銭湯から帰って家でいろいろと調べてみました。

 

どうやらラジウム温泉に期待されているのはホルミシスという効果だそうです。

 

ホルミシス効果とは、簡単に言うと

 

 

高濃度だと体に悪いと言われている物質が、低濃度だと体に良い作用をもたらす効果

 

らしいです。

 

そこまでは分かりましたが、どういう理由で放射能が体に良いという事になるんでしょう?

 

ホルミシス効果って何で良いの?

 

もういろんなところでいろんな事を言われています。ホルミシス効果。

 

いわく

 

 

例えば筋トレをした後は筋肉痛になるでしょう?それは筋肉が傷ついたからで、体は治る時により強くなります。それと同じように適度に体を傷つける事は、体にとって良い影響を与えるんです。

 

とか

 

マッサージって強く揉みすぎると揉み返しが来るでしょう?でも丁度良い揉み方だと体をほぐす効果があります。それと同じように、弱い刺激だと体にとって良い影響を与えるんです。

 

 

とか。

 

これ、ふたつともそれっぽい意見ですが、良く考えたら言ってる事真逆ですよね。
弱い刺激だと筋肉痛にならないですもんね。

 

色々調べたんですが、ラジウム温泉・ラドン温泉等の放射能泉を推奨している人も結局なんでそれが体に良いのかわかってないっぽいんですよね。

 

例えば
・活性酸素を除去する酵素が増える
・がん抑制遺伝子が増加する

 

とか言われていますが、何故体に有益な酵素や遺伝子が活性化するのかというメカニズムは説明されていません。

 

実際に実験の結果、上の酵素だったりが増えたという研究結果はあるようですが、それは一次的なもので人体に良い影響は無いと言われていたりもします。

ラジウム温泉が与える影響

結局調べてもどういうメカニズムで体に良いのかいまいちわかりません。

 

「低濃度の放射線は悪影響も与えないけど、良い影響も与えないと思われる。」

 

という意見と理由もたくさん目にします。
効果を証明できないだけなのかもしれませんし、本当になんの効果も無いのかもしれません。

 

僕なりに持っている知識に照らし合わして体に良い理由を考えてみました。

 

放射線はいくつかの種類があるそうですが、ラジウムはα線という種類です。
α線は浸透力が弱く、紙一枚も透過しません。
という事は当然お風呂に入っても肌から体の中に入るという事はありません。

 

ただ気体を吸い込んで肺から体の中に入るという事はあると思います。

 

その時は血液に入って、体のいろんな臓器に行きわたります。

 

α線も細胞や遺伝子を傷つけるという事に変わりは無いですが、低濃度だとそんなに影響は無いんでしょうね。
で、傷つけられた細胞はアポトーシスによって自殺します。

 

古くなった細胞はミトコンドリアの数が減ってエネルギーの生産量も落ちていますし、活性酸素もいっぱい出すようになっています。

 

こういう古くなった細胞をアポトーシスに追い込んで、代謝を促進して、その結果エネルギー量も増えるし、活性酸素の生産も減るし、ミトコンドリアが増えて血中の糖分をエネルギーに変える能力も高まる。

 

…。

 

という事なのでしょうか?

 

完全に予想でしかないので、なんの信憑性も無いですが。

 

まとめ

 

体に良いと言われる事も、理由が良く分からない事もたくさんあります。

 

そして反対意見もあります。

 

言われた事を鵜呑みにするんじゃなくて、自分で考えないといけないなぁと調べてみて改めて思いました。

 

調べてみて、僕はこれから積極的にラジウム温泉を利用したいとは思いませんでしたが、特に害も無さそうなので毛嫌いするような事ではないなぁと思いました。

カテゴリ:予防医学  [コメント:0]

ディート、イカリジンの蚊対策効果

目安時間:約 6分

先日はハッカ油の事に触れただけで終わってしまいました。

 

それ以外の調べた事を忘れない為に書いておこうと思います。

 

今蚊よけとして知られているのは


・ディート(DEET)
・イカリジン
・天然成分系

 

この3つの有効成分だけだそうです。

 

市販品の蚊よけスプレーってすごくいっぱいあるのに成分はこれだけしかないの?

 

って思いますよね。

 

ちなみに先日のハッカ油はこの中の天然成分系ですね。

 

天然成分系はハッカ油以外にもレモングラスだったりユーカリだったりいろいろあるみたいです。
そして香りによって効果のある虫の種類も変わってくるようですね。

 

天然成分は効果が弱いけど、肌に優しい事が素敵

 

という雰囲気がありますが、天然成分だからって肌に優しいわけでは無いと思います。
例えばウルシは天然の樹木ですけど肌にくっつくとすごくかぶれます。

 

天然の虫よけ成分はいろいろありますが

 

蚊よけにはなるけど他の虫を誘引したり刺激してしまったり。

 


という事もあるので、詳しい人じゃないと使い分けるのも難しそうですね。

 

ディートについて

 

前置きが長くなってしまいましたが、今日は天然成分系以外の2つについて書こうと思います。

 

日本では、2016年まで認可されている虫よけ化合物はこのディートだけでした。

 

1番歴史の長い成分です。

 

最近まで蚊よけのディートの濃度は12%が上限だったそうですが、今では30%に引き上げられています。

 

最近ジカ熱やデング熱が流行った事で規制値が引き上げられたそうですね。

 

ディートは蚊の感覚を狂わせて、蚊を寄せつけない効果があると言われています。
ディート5%のスプレーで90分ほど効果が持続するそうですが、濃度が高ければ効果が高いということでもなく、効果の持続時間が伸びるだけみたいです。

 

でもこのディートを調べてみると、すごく怖い事がたくさん出てきます。

 

なんと神経に作用する毒性があると言われています。
子供がディートを使ったことにより、痙攣だったり昏睡だったりの症状が出た事も実際に海外ではあるそうです。

 

神経毒ってすごく怖い響きですよね…。

 

使用上の注意にも

 

・6か月未満の子供には使用しない
・6か月~2歳の子供には1日1回まで
・2歳~12歳までは1日1回~3回

 

という風に書いてあります。

 

一応動物実験で
普通に市販されているような濃度なら気にせず肌に塗っても大丈夫
というような結果はでていますが…

 

とはいえ肌からの吸収率は場所によっても違います。
肌に付けたときは大丈夫でも、スプレーが目に入ったり鼻から吸い込んでしまったりすることはありそうな事ですし、最悪小さい子供が誤って飲んでしまう事もあるかもしれません。

 

さらにディートはプラスチックや合成繊維を溶かす作用があるそうです。
なので着ている洋服も傷みます。

 

プラスチックも溶かす薬剤…。

 

大丈夫って言われても、本当かなぁー?という気持ちでいっぱいです。

 

イカリジンについて

 

イカリジンは日本では2016年から認められた成分です。

 

メカニズムは微妙に違うみたいですが、ディートと同じく蚊の感覚を狂わせて寄ってきても吸血する対象として認識されないようになるそうです。

 

イカリジン5%の虫よけの効果はディート10%の虫よけと同程度と言われています。

 

さらにプラスチックや繊維を溶かす作用もありません。

 

さらにさらに、安全性が高く皮膚刺激も毒性も少ないと言われています。

 

この段階でもう完全にイカリジンの方が良いじゃないか!という気がします。
他にもサラサラで無臭なのでディートよりも使用感が高いというメリットもあります。

 

デメリットを上げると

 

・ディートに比べて効果のある虫が少ない(蚊には効き目があります)
・比較的新しい薬品なので、長期的に使った場合の安全性が良く分からない。

 

とかでしょうか。

 

まとめ

 

結局ディートよりはイカリジンの方が圧倒的に良さそうだという結論です。

 

とはいえ、皮膚刺激や毒性が少ないというのもディートに比べてという話です。

 

でもイカリジンの場合、洋服につけても傷めることがありません。
ディートにしてもイカリジンにしても肌と反応して効果を発揮するとかではないので、生地を傷めないなら子供の洋服に付けてやれば良いんじゃないか?と思いました。

 

蚊が媒介する病気が怖いので、今年の夏は子供には

 

イカリジンを洋服にスプレーする

 

という方法を試してみようと思います。

 

 

蚊対策にハッカ油を作って試した

目安時間:約 5分

そろそろ夏ですね。

 

そして、夏とセットで蚊がでてきますよね。

 

自分自身も蚊は大嫌いですが、娘が産まれてからはより嫌いになりました。

 

体温が高く汗っかきの人は蚊に狙われやすいと言われますが、これはそのまま子供の特徴です。

 

一緒に生活していても子供ばっかり蚊に刺されてしまいます。

 

そして刺されてしまうと、幼児は痒さを我慢する事が出来ないので掻き壊してしまいます。

 

最近だとジカ熱やデング熱も怖いので、とにかく刺されないようになんとかしてやりたいですね。

 

ハッカ油の効果

 

ハッカ油が蚊避けに効果的という話を聞いたので、昨年の夏はハッカ油を使ったスプレーを使っていました。

 

ハッカの匂いは虫だけではなく、人間以外で嫌がる生物は多いみたいですね。

 

作り方は
・水:90
・エタノール:10
・ハッカ油:20滴
上の3つを混ぜ合わせるだけです。

 

インターネットに載っていた情報のままに作りました。

 

結果は…

 

個人的にはほとんど効果は感じられませんでした。
娘たちはガンガン刺されていました。

 

ハッカの匂いの虫よけ効果は、あるのかもしれませんが弱いんでしょう。

 

ハッカもオーガニックとはいえ子供には刺激が強いと感じたので、肌に直接付けなかったからかもしれません。

 

ハッカ油には効果が無いのか?

 

ハッカに含まれるメントールには人間の感覚受容体に作用して冷感を感じさせる効果があります。
メントールを塗るとスースーするのは実際に涼しくなっているんではなくて脳が勘違いをしている状態なんですね。
ただ、勘違いでも汗はひきます。

 

蚊は温度や二酸化炭素以外に汗由来の臭い物質を感知して近寄ってくるので、汗をかかなくなるというだけでも効果がありそうな気がします。

 

さらに何故汗をかくと臭いがするかというと、皮膚の常在菌が汗に含まれるたんぱく質やアミノ酸を分解するからですが、ハッカに含まれるメントールには殺菌効果もあります。

 

汗自体は無臭なので、皮膚に常在菌がいない状態だと汗をかいても臭いがしません。

 

臭いがしなければ蚊も寄ってこないという事になります。

 

でも、脳の勘違いで汗をかかなくなるってすごく怖いですよね。

 

汗はそもそも人間の体温の温度調節をする機能です。
特に子供は体温の調節が大人ほど上手くないので、汗をかかなくなって熱中症等になってしまうのが怖くて肌には付けませんでした。

 

さらに常在菌は汗を分解して臭いを出すだけではなく、肌を弱酸性の状態に保ったり、保湿をしてくれています。
なので肌から常在菌がいなくなってしまうと肌荒れの心配がでてきます。
健康な人なら菌が一度いなくなっても2時間ほどで元の状態に戻るそうですが。

 

ハッカ油の使い方

 

という事で肌に直接つければ効果がありそうだけど、悪い事もあるんじゃないか?と思うのです。

 

かと言って洋服に付けてもハッカの匂いでの虫よけはあまり効果を感じませんでした。

 

そんな中、足の裏を除菌する事で蚊に刺されにくくなるという話を聞きました。

 

蚊に刺されやすい人と刺されにくい人では、足裏の常在菌の種類に違いがあるそうです。
刺されやすい人は常在菌の種類が多いんだそうですね。
で、足首から下をアルコール除菌してみたところ、実際に効果があったそうです。

 

足だけなら涼しくなって汗をかかなくなっても大丈夫そうだし、なんとなく足なら常在菌が一時的にいなくなっても肌荒れという事にもならなさそうな気がします。

 

足首から下をアルコール除菌ではなくメントールで除菌すればより効果が高いんじゃないでしょうか?

 

という事を思いついたのですが、娘で検証するのは怖いのでまずは自分で試してみようと思います。

 

娘たちの蚊対策はまた考えないといけないですね。

ページの先頭へ