高麗人参に効果はあるのか?

目安時間:約 7分

先日自動販売機で栄養ドリンクを購入したところ

 

「ビタミンC、高麗人参配合!」

 

と書いてありました。

 

ビタミンCは栄養成分だから分かるけど、高麗人参は材料だから並んで書いてある事自体おかしいんじゃないか?
「レモン、高麗人参配合!」ならわかるけど…。

 


と一人で考えていたのですがそれはそれとして、そもそも高麗人参の効果だったり栄養成分が気になったので調べてみました。

 

高麗人参の有効成分

 

高麗人参で滋養強壮!みたいなイメージがありますが、どうなんでしょう?

 

高麗人参にはサポニンの一種である
ジンセノサイド
という成分が含まれています。

 

ジンセノサイドとかギンセノシドとか色んな表記をされています。

 

で、一口にジンセノサイドといっても

 

・ジオール系ジンセノサイド
・トリオール系ジンセノサイド

 

この2種類に分かれるみたいです。
本当はもっといろいろ分かれるみたいですが、主にこの2つみたいなので省略します。

 

ジオール系ジンセノサイドは副交感神経に作用して神経の鎮静化を促すと言われています。
穏やかなリラックス状態を作って、ストレスの軽減や安眠の効果があると言われているんですね。

 

そしてトリオール系ジンセノサイドは交換神経に作用して神経の興奮を促すと言われています。
こっちは疲労回復だったり滋養強壮の効果があると言われています。

 

高麗人参にはこのどちらもが入っていますが、これ明らかに矛盾してますよね?
神経を鎮静させて興奮させたらプラマイゼロじゃないか!と思いませんか?

 

でもそういう事ではなさそうです。

 

自律神経について

 

自律神経は人間の体のすべての内臓や血管をコントロールして体内環境を整える神経です。
運動神経とは違って、自分の意志で働かせることは出来ません。

 

そして自律神経と一口に言っても、副交感神経と交感神経の2種類に分けられます。
日常のシーンに応じて、副交感神経が優位に働く事もあれば交感神経が優位に働く事もあります。

 

例えば寝ている時は副交感神経が優位に働いていて、心臓もゆっくり動いてそれに伴い呼吸もゆっくりになっています。
起きると交感神経が優位に働いて、瞳孔が開いてより多く視覚情報を集められるようになります。
そして朝ごはんを食べると、副交感神経が働いて胃の動きは活発になります。

 

これ以外にもいろんなところで自律神経は働いているのですが、例えば絶対に失敗出来ない試験等を明日に控えている場合、寝ている時でも交感神経が優位に働いてしまいます。

 

これが自律神経の乱れです。

 

自律神経が乱れると内臓が正常に働かなくなって、体のいろんな場所が不調をきたします。
副交感神経の働きが強く交感神経が働いていない状態だと、鬱などの精神的な病気になりやすいそうです。
逆に交感神経が強く副交感神経が働いていないと、動悸・息切れなどの症状がでたりします。
また副交感神経は免疫機能も受け持っているので、働いていないと風邪をひきやすくなったりもします。

 

そして自律神経のバランス自体は乱れていなくても、そもそもあまり働いていないという事もあります。

 

健康な状態は、副交感神経も交感神経も強い働きをしている状態です。
どちらもしっかり働ける状態で、脳がTPOに応じてどっちの神経を優位に働かせるかを決めているんですね。

 

なので、ジンセノサイドが副交感神経と交感神経どちらの働きも強くするのは両立する話なんです。

 

まとめ

 

という事で高麗人参の効果でした。

 

ここには書ききれませんでしたが、ジンセノサイドには自律神経に作用する以外にも様々な効果があるようです。

 

ただし

 

ジンセノサイドの市場価格を調べると10mgで30000円~40000円程でした。

 

ジンセノサイドの一日あたりの摂取目安量はまだ決まってはいないようですが、僕が自販機で買った栄養ドリンクは250mlで150円でした。

 

250ml中にジンセノサイドが0.05ミリ入っていたとしたら丁度150円ですが…

 

もちろん商品なので売り上げを出さないといけません。
その場合もっともっとジンセノサイドの量は少なくなるでしょう。

 

そもそも書いてあったのは「ジンセノサイド配合」ではなく「高麗人参配合」ですし。
一口に高麗人参と言っても、種類によっても部位によってもジンセノサイドの含有量は違います。

 

はたしてそんな少量でも効果があるものなんでしょうか。
ちなみに5000円くらいの高麗人参のサプリメントで、一日の摂取目安は700mg~2100mgと書いてありました。

 

 

そう考えると、安価な栄養ドリンクに書かれている「高麗人参配合!」はただの宣伝文句でしかないんでしょうね。

 

サプリメントもいくつも調べましたが、高麗人参の含有量を記載してある会社はあっても、ジンセノサイドの含有量を記載している会社はありませんでした。

 

サプリメントによってはほとんどジンセノサイドを接種出来ないようなものもあるみたいなので、結局自分で使ってみて様子をみるしかないのかもしれません。

 

僕も良いサプリメントがあったら紹介したいと思います。

 

最後に、ジンセノサイドが神経に作用するメカニズムも調べようと思ったのですが、そういう学術記事は見つけられませんでした。

 

神経に作用するとは言われているものの、そもそもまだ研究段階なのかもしれません。

アルギニンの効果を確認する

目安時間:約 5分

最近年齢のせいか、疲れやすくなってきました。

 

疲れやすくなると昔のように長く集中し続けるという事もできません。

 

そこで最近疲れに効くという謳い文句のサプリメントを買って飲みだしました。

 

謳い文句だけを信じて飲みだしてはみたものの、どうゆう効果があるのか事前に調べていなかったので、飲みだして既に2週間ほど経っていましたが改めて成分表示を見てみました。

 

どうやらアルギニンが一粒あたり500g入っているようです。

 

アルギニンて栄養ドリンクなんかで名前は知ってるけど、そもそもなんだろう?

 

と思って、改めて調べてみました。

 

アルギニンの効果

 

一般的に言われているのは

 

・身長が伸びる
・免疫力の向上
・血管拡張
・疲労回復

 

この4つみたいです。

 

疲労回復と免疫力向上は、なんとなくアルギニンにもともと持っていたイメージと同じでしたが、身長が伸びるってすごいですね。
それが本当なら是非飲み続けたい気がします。

 

調べてみると、どうやらアルギニンには成長ホルモンの分泌を促す効果があって、体内の成長ホルモンが増える事で身長が伸びるという話みたいです。

 

ですがより詳しく調べてみると、身長が伸びるという事は残念ながら無さそうですね。

 

アルギニンが成長ホルモンの分泌を促すには、体重1キロあたり500gを30分以内に血管に直接投与が必要と考えられています。
体重60キロの人で3000gのアルギニン点滴という事ですね。

 

僕の飲んでるサプリを6粒飲めば3000gにはなりますが、口から体内に吸収できる量は血管に直接投与した場合の10分の1くらいになってしまうと言われています。

 

そう考えるとサプリメント60粒を30分以内に消化しないといけない計算になってしまいます。
そんな苦行は避けたいので、身長を伸ばすのは諦めたいと思います。

 

というかそもそも、血管投与で成長ホルモンを一時的増やす事は、身長を伸ばす事には関係が無いという実験結果があるようです。

 

・免疫力の向上
・血管拡張
・疲労回復

 

→この3つはほとんど同じ話みたいですね。

 

アルギニンは分解される過程で一酸化窒素とシトルリンという成分になります。
この一酸化窒素は血管を柔らかくして血流を良くする効果がある事が分かっています。

 

血流が良くなると、血管を通じて細胞の隅々まで栄養が行くことになります。

 

細胞ではミトコンドリアが栄養を受け取って、体を動かすエネルギーをつくります。

 

体の中のエネルギーが増える事で体内の毒素を分解する肝臓も十分な働きが出来るようになるので、結果免疫力があがります。

 

アルギニン→
一酸化窒素→
血行改善→
栄養が行きわたる→
ウイルス等にやられなくなる

 

という事ですね。

 

まとめ

 

今更身長を伸ばそうとは思っていなかったのでそれは良いとして、エネルギーが体に満ちるのは良いじゃないか!と思いました。

 

ただ、上の順序で進んでいく為には、十分な栄養を取っている事が前提ですよね。

 

血流が良くなって細胞の隅々に栄養を行きわたらせる準備が整っても、行きわたらせるべき栄養を摂れていないとまったく意味がありません。

 

でもそのうえでアルギニンを摂る事には意味がありそうです。

 

アルギニンはもともと体の中で勝手に合成されるアミノ酸ですが、合成量は例によって加齢とともに落ちていくそうです。

 

それを補えるようにサプリも飲みつつ、健康的な食生活を整えていきたいと思いました。

 

 

加齢臭の対策と臭いの原因

目安時間:約 4分

男女共にいつかは加齢臭を漂わせるようになります。
個人差はありますが、だれでも加齢臭を発している可能性はあります。

中高年の体臭の原因が
ノネナール

という成分であるという事が2000年に化粧品会社で発見されて
「加齢臭」という名前ができました。

 

なんでもそうですが名前が付いてしまうとより気になるようになってしまいますよね。

 

加齢臭の原因

 

今発見されている体臭の種類は二つあります。

一つはチーズや古本のようなにおい

これは前述のノネナールが原因です。

 

皮脂が酸化すると過酸化脂質というものになります。
この過酸化脂質は様々な皮膚トラブルを引き起こします。

 

40歳を過ぎたころから皮脂腺から分泌される
パルミトオレイン酸
の分泌がふえてきますが、このパルミトオレイン酸が過酸化脂質によって酸化したり、皮膚の常在菌によって分解されるとノネナールが作られると言われています。

 

もうひとつはペラルゴン酸が原因になる

使い古した油のようなにおいです。

 

ペラルゴン酸も過酸化脂質の一種で、同じように皮脂が酸化した物質です。
皮脂の分泌量は30歳がピークになるので、この油臭いにおいは30歳男性に多いと言われています。

 

加齢臭の対策

 

どちらの原因にも共通しているのが、皮脂の酸化です。

 

皮脂を取り除きすぎると肌が乾燥して肌トラブルの原因になってしまいますが、余分な皮脂はそのまま放置することも肌にはよくありません。

また、皮脂の酸化だけではなくメイクの油分や乳液の油分が酸化しても過酸化脂質になってしまいます。

 

加齢臭の抑制には肌を清潔な状態に保つのが、当たり前ですが何より大事です。
余分な油分は酸化する前に取り除きましょう。

 

次の対策として、それでも肌に浮いてくる油を酸化させないという事です。
これにはビタミンC・Eやアスタキサンチン、βカロテン、カテキン等の抗酸化剤の摂取が有効です。
抗酸化剤のなかでも化粧品原料等に用いられるメマツヨイグサ抽出液は抗酸化作用・抗炎症作用も持っていますが、体臭の抑制に特に効果的と言われています。

 

そして加齢臭自体を消す対策としては、やはり消臭剤を使うという事になります。
これは皮膚の常在菌の静菌作用のあるミョウバン溶液が有効です。

 

それ以外でも最近では消臭作用のある繊維等も発明されています。

 

加齢臭の発生しやすい生活習慣

 

①喫煙習慣

これは喫煙によってビタミンCが破壊されるためです。

 

②肉類・油もの中心の食生活

皮脂の分泌が増える原因になります。

 

③ストレスをため込んでいる生活

ストレスにより活性酸素が体内で作られます。
これにより酸化が促進されます。

 

まとめ

 

加齢臭を漂わせるようになってしまうと、自分では気づきにくいものです。

マナーとして自分で出来る対策をきちんとして、周りに気を使わせないようにしましょう。

糖尿病を予防する生活

目安時間:約 5分

現在は人口の4分の1が糖尿病または糖尿病予備軍と言われています。

これはもう国民病ですね。

糖尿病には2種類ありますが、今日は2型糖尿病についてのお話しです。

僕の周りにも糖尿病の一歩手前の方は大勢いますが、

実際に生活を気を付けて数値が下がった方も大勢いらっしゃいます。

生活習慣病というくらいですから、毎日の生活に密接に関わる話です。

一回では伝えきれないと思いますが、

何回かに分けてお話ししていきたいと思います。

糖尿病を発症する原因

食事をすると血液の中の糖分量、つまり血糖値が上がります。

そしてその血糖値を下げる働きをするのがインスリンです。

インスリンは血中の糖分をエネルギーに変換するという役割と

糖分を体中の器官に届ける役割を果たします。

インスリンの分泌が不足して、常に血糖値が高くなってしまっている状態が糖尿病です。

肥満の方に多いのはなぜかと言うと、

細胞がお腹いっぱいになってしまったので

体がこれ以上糖分を細胞に取り込まないように

インスリンの分泌をストップさせる指令が出すからなんですね。

これが糖尿病の主な原因です。

他にも遺伝性のインスリン分泌障害という事はありますが、

今日は遺伝性のものではなく後天的な糖尿病についてのお話しです。

糖尿病は食べすぎだけが原因という訳ではありません。

インスリンが脂肪として取り込む分を少なくすれば

糖尿病を予防することは出来ます。

過食以外には、加齢・運動不足・ストレスなどが糖尿病の原因としてあげられますが

これらはすべて体の中のミトコンドリアとビタミン・ミネラル量が関わっています。

糖尿病の予防

糖尿病になってしまった方はインスリン注射の治療と糖質制限というのが良く言われる話です。

糖尿病を予防するにはどうすれば良いのか。

まずはビタミンを十分にとっていれば予防できます。

ビタミンB群には接種したカロリーをエネルギーに変換する作用があります。

体の中にビタミンが満ちている状態だと接種したカロリーは100%に近い形でエネルギーに変換されますが
①糖質100→②ビタミン100%=③100エネルギー

ビタミンが足りていなくて例えば接種したカロリーの50%しかエネルギーに変換出来ないと残りの50%はインスリンが受け持つことになります。
①糖質100→②ビタミン50%=③50エネルギー+④50糖

糖質制限というのはいわゆる対処療法です。

④を減らす為に①を減らそう!ということです。
①糖質50→②ビタミン50%=③25エネルギー+④25糖

で、このエネルギーに変換されなかった糖というのはインスリンによって体に蓄えられるので、脂肪になったりするんですね。

だから良く

接種したカロリー以上に運動してカロリーを消費すれば太らない!

とか言いますが

ビタミンが不足している状態だとそもそもエネルギーにならずに体に貯めこまれるので、
カロリーを最低限しか接種していないはずなのに痩せないということはあります。

③のエネルギー以上に運動すれば、体は筋肉や脂肪を分解してエネルギーに変える事になるので
痩せることは痩せますが、ため込みながら消費している状態なのでかなり効率が悪いです。

だからたくさんビタミンをとって
①糖質100→②ビタミン100%=③100エネルギー

この状態に近づけていけば、痩せ方もかなり効率的になりますし、糖尿病にもなりにくくなります。

糖尿病については自分のまわりでも予備軍の人はたくさんいるので

また別の機会にいろいろ書きたいと思います。

ですが結局予防としては

いわゆる適度な運動と栄養を取れる食事ということですね。

具体的に血糖値を下げる食べ物や血糖値の上昇を穏やかにする食べ物の話。

CM等でよく見るお茶の話もまとめて別の機会にお話しします。

若返りの方法!食べなければ老けない!?

目安時間:約 6分

カロリー制限をすることは若返りの効果があると言われています。

2011年に証明された事ですが、

食べない事でサーチュイン遺伝子が活性化するのです。

サーチュイン遺伝子というのは若返り遺伝子と言われているもので、

ほとんどの病気を予防してくれる夢のような遺伝子です。

そんなものがあるなら、

長年人類が追い求めた不老不死がついに実現するのでは?

という気がしますね。

しかしそう上手くはいきません。

とはいえ知っておくにこした事はありませんので、

今日はこのサーチュイン遺伝子を紹介したいと思います。

サーチュイン遺伝子とは

本来人間なら誰でも持っているものなのですが、

通常は体の中で眠っているだけです。

基本的にはサーチュイン遺伝子はほぼ働いていない状態なのですが、

ある条件を満たせば活性化します。

その条件というのが、食べない事です。

25%のカロリー制限をする事でサーチュイン遺伝子が活性化する事が分かっています。

昔からよく言われる腹七分目という状態ですね。

この遺伝子が活性化すると、細胞の中のミトコンドリアが増えます。

ミトコンドリアについてはいろいろあるのでまた書きますが、

老化の原因は一言で言ってしまえば加齢に伴うミトコンドリアの減少なのです。

動脈硬化、糖尿病、認知症の予防。

さらにシミやしわ。

すべてはサーチュイン遺伝子さえ活性化していれば防げるので、

最強の予防医学です。

人間を対象にした実験で、3週間の食事制限の後には

サーチュイン遺伝子は最大 4.6倍も活性化しています。

さらに7週間後には10倍活性化している人もいたそうです。

分かっていても若返れない理由

腹七分目をずっとキープするのは不可能です。

7週間食べない生活を続けたとしても、

一回食べてしまえば若返り状態は通常通りに戻ります。

三大欲求に人生を通して打ち勝ち続ける事の出来る人はいません

そもそも何故この若返り遺伝子が食べない事で活性化するかというと、

その人が飢餓で死にかけているからです。

人間の歴史は飢餓との戦いの歴史でした。

サーチュイン遺伝子の活性化はお腹が減って死にかかっている時に、

少しでも命を伸ばす為にと備わったメカニズムだと考えられています。

生きていく限り死にかかった状態をキープすれば老けない。

という事なのですが、

「なんの為に生きているのだろう…」

と思ってカロリー制限をやめる未來は明白ですね。

さらに現代では食べ物の栄養分がかなり落ちています。

「野菜の味が昔とは違う」

とお年寄りの方が言っているのを聞いた事があると思いますが、

農薬や品種改良の影響で、

野菜によっては昔に比べて栄養素が50%落ちているものもあります。

ピーマンが苦くなくなったりして野菜が苦手な子供も減ったと思いますが、

栄養という意味では改悪されてしまっているんですね。

ですから25%のカロリー制限をずっと続けていると、

老化はしないかもしれませんが栄養失調で他の病気になってしまうと思われます。

若返りの具体的な方法

まずカロリー制限をしていない現状でもほそぼそと活動しているサーチュイン遺伝子を、

少しでも活動しやすいようにしてやる事が重要です。

夜食はしない

これくらいだったらなんとかなる気がします。

たまには食べてしまうと思いますが。

サーチュイン遺伝子は、

血糖値が上がってインスリンが分泌されると活動を停止する事が分かっています。

ですから急激な血糖値上昇に繋がる

スイーツや缶コーヒー等は出来るだけ避けます。

夜ごはんから朝ごはんの間は一番時間が長く、

この間に一番サーチュイン君は頑張ってくれています。

ですから夜食を食べてしまうのは若返りを目指す人としては最悪の行為です。

ちなみにレスベラトロールという成分を接種することで、

カロリー制限をしなくてもサーチュイン遺伝子が活性化するかも!?

と一時期言われていました。

しかし現在では、レスベラトロールは直接活性化には影響しないという事が分かっています。

レスベラトロールというのは赤ワインや落花生の渋皮に含まれるポリフェノールの一種です。

レスベラトロールは若返り遺伝子の活性化はしなくても、

活性酸素除去の作用があるのでさまざまな病気の予防にとても期待されている成分です。

しかし、適量を超えて服用し続けると

腎臓の障害や女性系のガンのリスクが高まるのではないか?

と疑われているので、注意が必要です。

まとめ

食べなければ老けませんが、他の病気になります。

本当に気合の入った人はサプリメントで栄養を補給しつつ、

がっつりカロリー制限をしていきましょう。

ただし栄養素は互いに補完し合いながら人間の体に作用しているものなので、

例えばミネラルだけ、とかビタミンだけを接種することはあまり意味がありません。

そこまでしなくても、

結局出来る範囲で節度のある生活を送る事が長生きの秘訣という事ですね。

僕もかなりお腹は減っているものの、

何も食べずに今日を終えようと思います。

有難う御座いました

ページの先頭へ