顔の毛穴をなくすには?

目安時間:約 4分

顔の毛穴の大きさというのは、男性ホルモンの量によってほぼ決まります。

男性ホルモンが分泌が多いと、毛穴の皮脂腺が発達します。
皮脂腺が発達して大きくなれば皮脂腺を内包している毛穴もそれに伴い大きくなります。

男性ホルモンの量は遺伝によって決まるので自分で選ぶ事は出来ません。

毛穴が目立つ、目立たないというのは背が高い、低いという事と同じ事なのでそれ自体をどうこうする事は出来ないのです。

毛穴の大きさはほぼホルモンバランスで決まると書きましたがそれだけではありません。

皮脂は人間の肌を守るのに必要なものです。

思春期に1時間ごとに洗顔するなど過剰に皮脂を取り除くような事をしていると肌を守ろうとして皮脂腺は発達し、皮脂の分泌が多くなります。
こういう方は毛穴の問題もありますが、後々オイリー肌の原因にもなってきます。

反対にオイル系の保湿を過剰にしていると、皮脂腺が退化します。

この場合毛穴は小さくなる気もしますが、皮脂の分泌が少なくなると乾燥肌の原因になりますのでやめましょう。

人間の体で皮脂腺がもっとも発達しているのは頭で、その次が顔です。
だから顔の毛穴はどうしても気になってしまうのです。

そして残念ながら、顔から毛穴をなくすという事は出来ません。
毛穴や皮脂は肌にとって必要なものだからです。
大きさも遺伝によるものですので、これも変える事は出来ません。

しかし、加齢に伴って目立つようになってきたという方は目立たなくする方法はあります。
黒ずんでいるのが気になるという方も、目立たなくする方法はあります。

毛穴が目立つようになる原因

年齢と共に毛穴が目だってきたという方は「たるみ毛穴」という症状です。

肌の内側の真皮の部分は
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸
で出来ています。

これらは肌の弾力や水分量を保持してくれています。

ちなみに、ヒアルロン酸は水分をゼリー状に固めてくれるのですが、1gで6リットルの水を固める事が出来ると言われています。

それ以外に繊維芽細胞というものも存在していて、この細胞がコラーゲン等を作ってくれているのですが、加齢に伴い生産量は落ちてきます。
すると肌がたるんで、毛穴も広がってしまうという事になります。

毛穴が広がって毛穴同士が繋がってしまう事もありますし、肌の弾性が失われればシワの原因にもなります。

コラーゲンやヒアルロン酸は化粧成分としてもよく耳にします。
これは肌に水分を与えるという意味はありますが、外側から塗っても真皮には届きませんので根本的な解決にはなりません。

黒ずみが気になるという方も、基本的には原因は同じです。
毛穴はそもそも穴なので、鼻の穴の中が外から見て黒く見えるのと同じように毛穴も外から見ると何も詰まっていなくとも黒く見えるのです。

顔の毛穴を目立たなくする方法

「レチノール」(ビタミンA)は肌のヒアルロン酸生成を促進してくれる成分です。
2017年に厚生労働省にシワに効果がある成分として承認されました。

また「ハマメリス水」という成分が肌を引き締める効果があると言われています。
毛穴の大きさが気になるという方はお試しください。

ピーリング(肌の古い角質を取る)も効果があります。
古い角質を取り除けば肌代謝が促進されて、毛穴回りの皮膚が柔らかい状態になる事で毛穴自体が目立たなくなります。

しかし結局は肌内部のコラーゲン量を減らさない努力が大事です。

たばこを吸う方は年齢以上にコラーゲンが減少している傾向にあります。
タバコを吸うと血管が収縮されて、肌に栄養が行きわたらなくなる為ですね。

早寝早起きを心がけ、規則正しい生活を送り、適度な運動をすることで肌の代謝は活性化します。

健康的な生活を送る事で綺麗な肌のままでいられれば、それが一番ですね。

糖尿病を予防する生活

目安時間:約 5分

現在は人口の4分の1が糖尿病または糖尿病予備軍と言われています。

これはもう国民病ですね。

糖尿病には2種類ありますが、今日は2型糖尿病についてのお話しです。

僕の周りにも糖尿病の一歩手前の方は大勢いますが、

実際に生活を気を付けて数値が下がった方も大勢いらっしゃいます。

生活習慣病というくらいですから、毎日の生活に密接に関わる話です。

一回では伝えきれないと思いますが、

何回かに分けてお話ししていきたいと思います。

糖尿病を発症する原因

食事をすると血液の中の糖分量、つまり血糖値が上がります。

そしてその血糖値を下げる働きをするのがインスリンです。

インスリンは血中の糖分をエネルギーに変換するという役割と

糖分を体中の器官に届ける役割を果たします。

インスリンの分泌が不足して、常に血糖値が高くなってしまっている状態が糖尿病です。

肥満の方に多いのはなぜかと言うと、

細胞がお腹いっぱいになってしまったので

体がこれ以上糖分を細胞に取り込まないように

インスリンの分泌をストップさせる指令が出すからなんですね。

これが糖尿病の主な原因です。

他にも遺伝性のインスリン分泌障害という事はありますが、

今日は遺伝性のものではなく後天的な糖尿病についてのお話しです。

糖尿病は食べすぎだけが原因という訳ではありません。

インスリンが脂肪として取り込む分を少なくすれば

糖尿病を予防することは出来ます。

過食以外には、加齢・運動不足・ストレスなどが糖尿病の原因としてあげられますが

これらはすべて体の中のミトコンドリアとビタミン・ミネラル量が関わっています。

糖尿病の予防

糖尿病になってしまった方はインスリン注射の治療と糖質制限というのが良く言われる話です。

糖尿病を予防するにはどうすれば良いのか。

まずはビタミンを十分にとっていれば予防できます。

ビタミンB群には接種したカロリーをエネルギーに変換する作用があります。

体の中にビタミンが満ちている状態だと接種したカロリーは100%に近い形でエネルギーに変換されますが
①糖質100→②ビタミン100%=③100エネルギー

ビタミンが足りていなくて例えば接種したカロリーの50%しかエネルギーに変換出来ないと残りの50%はインスリンが受け持つことになります。
①糖質100→②ビタミン50%=③50エネルギー+④50糖

糖質制限というのはいわゆる対処療法です。

④を減らす為に①を減らそう!ということです。
①糖質50→②ビタミン50%=③25エネルギー+④25糖

で、このエネルギーに変換されなかった糖というのはインスリンによって体に蓄えられるので、脂肪になったりするんですね。

だから良く

接種したカロリー以上に運動してカロリーを消費すれば太らない!

とか言いますが

ビタミンが不足している状態だとそもそもエネルギーにならずに体に貯めこまれるので、
カロリーを最低限しか接種していないはずなのに痩せないということはあります。

③のエネルギー以上に運動すれば、体は筋肉や脂肪を分解してエネルギーに変える事になるので
痩せることは痩せますが、ため込みながら消費している状態なのでかなり効率が悪いです。

だからたくさんビタミンをとって
①糖質100→②ビタミン100%=③100エネルギー

この状態に近づけていけば、痩せ方もかなり効率的になりますし、糖尿病にもなりにくくなります。

糖尿病については自分のまわりでも予備軍の人はたくさんいるので

また別の機会にいろいろ書きたいと思います。

ですが結局予防としては

いわゆる適度な運動と栄養を取れる食事ということですね。

具体的に血糖値を下げる食べ物や血糖値の上昇を穏やかにする食べ物の話。

CM等でよく見るお茶の話もまとめて別の機会にお話しします。

髪質改善の方法と髪ダメージの原因

目安時間:約 6分

髪には一番年齢が出ると言われています。

 

日々の生活の中で

髪に含まれる水分量はドンドン減少していきますし、

髪の内部のたんぱく質は溶けて髪はドンドン痩せていきます。

 

最近では髪質改善専門の美容院等もありますが、

そういうところに行くとお金も余分にかかってしまいますし、

髪質を改善しても生活が同じだと結局はまた同じ事になってしまいます。

 

今日はまずは髪質が悪化する原因からお話しします。

 

髪がダメージを受ける原因

 

髪がダメージを受ける原因はいろいろあります。

 

紫外線だったり、髪を染めたり、パーマをあてたり

いろいろとありますが、

まずはシャンプー・リンスに気を付ける事です。

 

どんなものが髪にとって悪いのかと言うと、

タンパク質を溶かすもの

油で毛穴を詰めるもの

この二つです。

 

髪の一番外側はキューティクルによって覆われていますが、

このキューティクルはタンパク質によって出来ています。

 

キューティクルが剥がれると髪内部に水分を保持しておくことが出来ず、

パサついた髪になる原因になります。

市販のシャンプーは洗浄力が強く、

髪のタンパク質を溶かすものがあるので気を付けましょう。

 

自分が使っているシャンプーが、

タンパク質を溶かすものかどうかを判断する実験があります。

 

卵の白身は純粋な100%のタンパク質ですが、

白身とシャンプーを混ぜてみて、

白濁するようならそれはタンパクを溶かすシャンプーです。

 

油で毛穴を詰めるのは主に石油系のリンス等です。

リンスを流しすぎないようにすると髪がツルツルに!

みたいな事も一時期言われたりしましたが、

油で毛穴が詰まると様々な頭皮トラブルが起こりますので絶対に辞めましょう。

 

油で毛穴にフタがされると、毛穴の中では細菌が繁殖します。

細菌が繁殖すると人間の体の免疫システムは細菌を排除しようと炎症を起こします。

炎症が起きる事で毛根がダメージを受けて、

髪に栄養がいかなくなったり、抜け毛の原因になるという訳です。「

 

そもそも油系のリンスで髪がツルツルになるのは一時的なものです。

髪の表面を油が覆うのでツルツルになったような気がしますが、

油を落とせばゴワゴワのままです。

 

「一時的でも良いから油のツルツル感が欲しい!」

 

という方は、オリーブオイルやツバキオイル等の植物由来のものが良いでしょう。

石油系のリンスは髪に栄養を与えるわけではありませんので、

一時的ツルツルと引き換えに髪は痩せていってしまいます。

 

髪質の改善方法

まずはシャンプー・リンスに気を付けるべきです。

逆にどういうものを選べば良いのかというと、

髪に栄養を与えることや補修・保湿を目的としたものを選ぶ事です。

 

いくつか髪質改善に有効と言われている成分を紹介します。

ハナショウガエキス

ポリネシアのサモア諸島に住む原住民の方は

はげや白髪の方がいないそうです。

それはなぜかと植物学者の方が一年間現地滞在で調査した結果発見されたのが、

このハナショウガエキスです。

現地の方々はこのハナショウガのエキスで髪を洗っていたんだそうです。

 

ちなみにこのハナショウガエキスの主成分である

ゼルボンという成分は抗がん作用や免疫機能向上にも効果があると言われています。

 

加水分解キノア・ダイズ・コムギ

髪に栄養を与える成分です。

髪と同じ成分のアミノ酸・タンパク質を補う事が出来ます。

 

ただし、加水分解成分はあまりお勧めしません。

肌の内部や髪の中に浸透するため、分子を細かく分解したものなのですが

一時期アレルギーになる可能性があるという事で有名になりました。

 

実際に加水分解コムギを使っていた方が小麦の成分を皮膚から吸収することで、

免疫システムが小麦を異物と判断して、

コムギアレルギーを発症するという事がありました。

 

しかし小麦アレルギーを発症したというケースはその時のみです。

加水分解コムギを使った製品は今も数多くありますが、

今のところ事件になった製品以外でアレルギー発症の報告はありません。

同じ加水分解の成分でもメーカーによって製法も濃度も違うからでしょう。

 

とはいえ今まで報告されていないだけで今後どうなのかは分かりませんし、

小麦アレルギーや大豆アレルギーにもしもなってしまった場合はかなり長い付き合いになってしまいます。

 

オレイン酸

ツバキ油等に含まれる成分です。

「皮脂」というと悪い印象がありますが、

肌にはなくてはならないものです。

皮脂を放置しすぎると酸化して固まってしまったりしますが、

適度な皮脂は保湿の効果があり、髪や肌に潤いを与えてくれます。

そして、この皮脂の41%はオレイン酸から出来ています。

 

ちなみにオリーブオイルのオレイン酸含有量は75%で

ツバキ油のオレイン酸含有量は85%と言われています。

さらにラウアオイルというアマゾン原住民の方が使っているというオイルもありますが、

オレイン酸の含有量は公表されていないようです。

 

このほかにも髪に良いと言われる成分は数多くありますが、

長くなってしまったのでまた別の機会にお伝えします。

 

今日もありがとうございました。

目の下のたるみの原因と改善

目安時間:約 5分

今日は目の下に出来るたるみについてのお話です。

「たくさん寝ているのに目の下のクマが無くならない!」

という方もこのたるみが原因です。

この赤く丸がついている部分をアイバックと言いますが、

この部分が下がってくると裏側が透けて黒く見えます。

ぐっと年齢が上がった印象になりますね。

クマについては色素の沈着だったり、血行不良だったりと他にも原因はありますが…。

クマの話もしだすと長くなりすぎるのでそれはまた別の機会にお話しします。

年齢と共に出来るたるみについては気になる方も多いと思います。

できる理由を知って、その上で自分のたるみの改善方法を知りましょう。

たるみが出来る原因

まとめてしまうと結局老化が原因という事ですが、

老化が原因という事で諦めないでください。

原因を詳しく知る事で、それぞれの原因に対しての対策が取れます。

老化に対抗することは出来ます。

加齢に伴って目の下がたるむ原因は、2つです。

コラーゲン老化架橋の形成

人間の肌の内側は70%がコラーゲンで出来ています。

このコラーゲンがお互いに繋がっている事によって、

コラーゲンの間に水分が貯める事が出来て肌にはハリが生まれます。

これをコラーゲン架橋結合と言います。

成人するまでの間にこのコラーゲン架橋結合は完成されるのですが、

老化に伴いコラーゲンが減少してくると人間の体がコラーゲンを保持しようとして、コラーゲンはより密接にくっつくようになります。

この老化架橋が進むとコラーゲンが弾力性を失い固くなりますし、

さらにくっついたコラーゲンの重みで皮膚が垂れるという事になります。

基底膜の分解

肌は表皮という表面部分と、真皮という内側の部分に分かれています。

内側の真皮に表皮をくっつけているノリのような部分が基底膜です。

この基底膜もコラーゲンで出来ているのですが、

人間の体は日々紫外線を浴びるとコラーゲンが分解されます。

基底膜が分解されると、真皮から表皮がずれてたるみになるという訳です。

基底膜は真皮から送られてくる栄養を表皮に送る働きもあるので、

きめ細かい肌をキープする為に重要な働きを持っています。

たるみの改善方法

美容整形では、結合したコラーゲンを取り除くという方法をとります。

目の下にメスを入れて物理的にコラーゲン架橋結合を取り除くんですね。

外側から肌に塗るものでも、コラーゲン架橋を取り除く効果のあるものが存在します。

アセチルテトラペプチド-5(アイセリル)

アイセリルという成分はアミノ酸の一種ですが、

コラーゲン架橋結合を切り離す効果を持っています。

非常に分かりにくいですが、塗るボトックスと言われているのは

アセチルテトラペプチド-8(アルジルリン)

ですので、今回のアイセリルとは別物です。

美容液等に含まれている成分ですが、

コラーゲン架橋結合を取る以外にも血行の改善効果もあります。

目の下の血行不良はクマの原因の一つですので、

たるみとクマ両方に働きかける事が出来る成分ですね。

ヘキサペプチド-10(セリレシン)

基底膜強化ペプチドと言われている成分です。

表皮と真皮の結びつきを強めて、たるみを改善します。

上でも説明しましたが基底膜の働きは表皮と真皮の結合だけではありません。

肌の環境改善全般に効果が期待できます。

他にも肌に良い効果のあるアミノ酸は数多くありますが、

たるみの改善に適したものはこの二つです。

コラーゲンを保つ為に

コラーゲンは分子が大きく、外から塗っても内側には届きません。

ですから体の中で作られるのを助けてやることが大事です。

有効成分を肌に使う事も対策になりますが、

適度な運動もコラーゲン生成にとって効果がある事が分かっています。

健康的な生活を送って、

体の中から綺麗になっていきましょう。

ニキビの治し方!にきび場所で種類を分析

目安時間:約 6分

ニキビは出来る場所によって原因が変わります。

同じ場所に出来続けると、肌が炎症を起こして跡になって残ってしまいます。

自分のニキビの種類を分析して、しっかり対策をとりましょう。

ニキビの原因

一つは肌環境の悪化です。

人間の肌にはノーマルフローラと呼ばれる常在菌が住んでいます。

ノーマルフローラは悪い細菌が増えるのを防いだり、

肌に潤いを与えたりしてくれる我々の味方です。

しかし肌が乾燥している状態だと、

肌の表面に空気中の細菌が付着しやすくなります。

こうしてノーマルフローラのバランスが崩れて、

悪い細菌の勢力の方が大きくなってしまうと、

肌が炎症を起こしてニキビにつながります。

もう一つの原因は皮脂のつまりです。

皮脂が毛穴にフタをしてしまうと、毛穴の中ではアクネ菌が繁殖します。

アクネ菌は肌の炎症を起こす成分を分泌するので、

これがニキビにつながります。

ただし、皮脂を取り除くのには注意が必要です。

皮脂は肌の保湿をしてくれる役割もあるので、必要なものなのです。

皮脂を過剰に取り除いていると皮脂を分泌する皮脂腺の機能が壊れてしまい、

後々オイリー肌の原因になってしまいます。

皮脂をこまめに取り除くのではなく、

洗顔の時にしっかりと毛穴の中まで洗浄する事が大事です。

ちなみに、洗顔した時にシャワーを直接顔にあてて洗い流すのは厳禁です。

せっかくしっかり洗っても水圧で汚れが毛穴に戻ってしまうので、

必ず手ですくい上げたお湯で洗い流すようにしましょう。

ニキビの種類別治し方

ニキビの出来る場所は主に4パターンあります。

まず、おでこやほっぺたに出来るパターン。

この場合、洗顔不足が主な原因です。

女性だとメイクが落としきれず、生え際に残ってしまっている場合等が考えられます。

携帯電話からの菌が付着している事も考えられますが、

どちらにしてもしっかりと洗顔する事で改善されます。

次に鼻に出来るパターン。

鼻にニキビが出来るのは、手で鼻を触る癖のある方に多いです。

手から菌はうつりますので、

頻繁に触ってしまうという方は自分の癖を見直しましょう。

次に口元にニキビが出来るパターン。

これは体内からの影響で出来るニキビと言われています。

胃腸や肝臓が弱っていると毒素を十分に分解出来ません。

その毒素がニキビとして現れます。

乳酸菌等で腸内環境を整えて、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

最後はアゴや首まわりに出来るパターンです。

これはストレスが原因と言われています。

現代人でストレスの無い方などいないとは思いますが、

せめて出来る範囲で早寝早起きをしていきましょう。

ちなみにストレスがかかっている状態というのは交感神経優位の状態です。

人間の体は副交感神経優位の時に免疫力が高まります。

裏を返せば副交感神経が活発な状態を作ればストレスでの不調は軽減されますが、その為には瞑想等が効果的です。

ニキビ跡の治し方

ニキビが出来る体質の治し方のお話をしてきましたが、

今度はニキビが出来てしまった跡を治す方法についてお話しします。

ニキビが無くなっても赤くなって残ってしまっているのは、

肌が炎症を起こしているからです。

炎症を起こしたまま長い間放っておくと色素が沈着して黒っぽくなります。

肌の保湿が大事なのはもちろんですが、

炎症を抑える作用のある成分をいくつかご紹介します。

・アラントイン

傷ついた肌を修復をしてくれる成分です。

肌の再生を促進する効果もあるので、ニキビ以外に傷やヤケドにも効果があります。

さらに肌の色素沈着にも効果があると言われています。

ただし、アラントインはアルカリ性の肌の上ではすぐに分解されてしまいます。

市販品の石鹸や洗顔料はほとんどが強いアルカリ性なので、

そういう方はまず洗顔料から見直した方が良いでしょう。

・ビサボロール

こちらも炎症を抑える作用があります。

手荒れ等も改善されますので、

ハンドクリームに配合されている事も多いです。

アラントインもそうですが、炎症を抑える作用があるものは

肌荒れ全般に良いので、ハンドクリームでも気にせず顔に使ってみてください。

ただし、ハンドクリームを使う場合でもオイル成分が入っているものは避けましょう。

オイルが毛穴にフタをしてしまうと、ニキビの原因になります。

ミネラルオイルというのは化粧品全般に配合されている事が多い成分ですが、

これは落とすのが困難なくらいとても強い油ですので、

特に注意をしてください。

・アロエベラ

切り傷にアロエを塗った経験のある方もいると思いますが、

アロエベラはアロエの品種の中でも特に炎症を抑える効果の高い種類です。

抗炎症以外にも、保湿や肌を柔らかくする効果もあります。

日本に良くあるのはキダチアロエですが、

同じアロエでも効果はまったく違います。

もし手元にアロエベラのエキス等があれば、

夏の日差しが強く赤くやけてしまった時等に試してみてください。

次の日にもまったくヒリヒリしないのですぐに効果を実感できると思います。

ページの先頭へ