ほうれい線を消す方法とボトックス注射

目安時間:約 4分

今日はほうれい線に代表される表情由来のシワについてのお話です。

日々の生活の中で顔のシワはどうしても増えていきます。

歴史が刻み込まれた顔は味があって良い。

と思う方も多いと思いますが、

どうしてもほうれい線が気になるという方もいるでしょう。

まずはどうして顔にシワが出来るのかという事をお話ししたいと思います。

表情ジワのメカニズム

人は笑う時に、

①まず脳から指令を出します。

すると

②アセチルコリンという伝達物質が放出されます。

③アセチルコリンを受容体が受け取ります。

受け取った後は、

④筋肉収縮が始まり、笑顔になります。

その後にアセチルコリンの放出が止まると、筋肉が弛緩して元に戻ります。

人は笑う時に上の順序を辿るのですが、

何千回何万回と繰り返す事でこのアセチルコリン放出が止まらなくなるのです。

これがほうれい線の原因です。

つまり表情ジワは老化ではなく顔の癖という事ですね。

※皮膚のたるみによる原因もありますが、それはまた別の機会に説明します。

さらに詳しくアセチルコリンについて解説します。

神経はいくつものシナプスで繋がれていますが、

シナプスをアセチルコリンが通過するには

VAMP-2

SNAP-25

Syntaxin-1

という3つのたんぱく質が必須となります。

この3つが協力して、アセチルコリンを受容体まで運んでいるんですね。

ボトックス注射ってどんなもの?

ボトックス注射はボツリヌス菌の毒素から作られた薬です。

ボツリヌス菌は食中毒で有名ですね。

ちなみにボツリヌス菌の作り出す毒素はものすごく強力で、

わずか0.5キロで、世界人口分の致死量に相当します。

本来神経麻痺が起こる毒素です。

薬として使う場合にも、

先ほど出てきたSNAP-25の働きを止めるという効果があります。

ボトックス注射は一回の注射で一か月~二か月程度効果が持続しますが、

副作用は、表情が変わらなくなる事です。

いくらシワが無くなるとは言ってもこの副作用は致命的だと思うのですが…。

どうなんでしょう??

そんなボトックス注射は国によっては禁止されていたりもします。

表情ジワを消す方法

ボトックス注射が禁止されている国でもやはり顔のシワは消したいという事で、

ボトックス注射に代わる美容成分が発見されました。

それが塗るボトックスと言われている

アルジルリン(アセチルヘキサペプチド-8)

という成分です。

上で説明したSNAP-25に似た偽SNAP-25を浸透させます。

VAMP-2やSyntaxin-1は偽SNAP-25とは協力する事が出来ないので、

アセチルコリンが伝達されにくくなるという訳です。

本物のSNAP-25の働きを止めるわけでは無いので、

表情が変わらなくなるという副作用もありません。

アルジルリンを開発したスペインのリポテック社によれば、

0.05%アルジルリンを配合したクリームを

一日2回を28日間塗り続けるという実験をしたところ、

平均してシワが16%ほど浅くなったとの事です。

とは言え体の内部に注射する方法と比べて、効果は弱いです。

肌の表面から浸透させる方法なので時間もかかります。

即効性は無いですが、副作用を考えるとこちらの方が良いのではないでしょうか?

まとめ

表情のシワが老化では無いという事が分かりました。

対策としてはボトックス注射が有名だけど、副作用があります。

効果はボトックスよりも弱いけれど、副作用の心配はボトックスよりも無いものとしてアルジルリンという成分も紹介しました。

アルジルリン配合のクリームは市販されていますが、

購入する場合は含有率と浸透率を考えて選びましょう。

若返りの方法!食べなければ老けない!?

目安時間:約 6分

カロリー制限をすることは若返りの効果があると言われています。

2011年に証明された事ですが、

食べない事でサーチュイン遺伝子が活性化するのです。

サーチュイン遺伝子というのは若返り遺伝子と言われているもので、

ほとんどの病気を予防してくれる夢のような遺伝子です。

そんなものがあるなら、

長年人類が追い求めた不老不死がついに実現するのでは?

という気がしますね。

しかしそう上手くはいきません。

とはいえ知っておくにこした事はありませんので、

今日はこのサーチュイン遺伝子を紹介したいと思います。

サーチュイン遺伝子とは

本来人間なら誰でも持っているものなのですが、

通常は体の中で眠っているだけです。

基本的にはサーチュイン遺伝子はほぼ働いていない状態なのですが、

ある条件を満たせば活性化します。

その条件というのが、食べない事です。

25%のカロリー制限をする事でサーチュイン遺伝子が活性化する事が分かっています。

昔からよく言われる腹七分目という状態ですね。

この遺伝子が活性化すると、細胞の中のミトコンドリアが増えます。

ミトコンドリアについてはいろいろあるのでまた書きますが、

老化の原因は一言で言ってしまえば加齢に伴うミトコンドリアの減少なのです。

動脈硬化、糖尿病、認知症の予防。

さらにシミやしわ。

すべてはサーチュイン遺伝子さえ活性化していれば防げるので、

最強の予防医学です。

人間を対象にした実験で、3週間の食事制限の後には

サーチュイン遺伝子は最大 4.6倍も活性化しています。

さらに7週間後には10倍活性化している人もいたそうです。

分かっていても若返れない理由

腹七分目をずっとキープするのは不可能です。

7週間食べない生活を続けたとしても、

一回食べてしまえば若返り状態は通常通りに戻ります。

三大欲求に人生を通して打ち勝ち続ける事の出来る人はいません

そもそも何故この若返り遺伝子が食べない事で活性化するかというと、

その人が飢餓で死にかけているからです。

人間の歴史は飢餓との戦いの歴史でした。

サーチュイン遺伝子の活性化はお腹が減って死にかかっている時に、

少しでも命を伸ばす為にと備わったメカニズムだと考えられています。

生きていく限り死にかかった状態をキープすれば老けない。

という事なのですが、

「なんの為に生きているのだろう…」

と思ってカロリー制限をやめる未來は明白ですね。

さらに現代では食べ物の栄養分がかなり落ちています。

「野菜の味が昔とは違う」

とお年寄りの方が言っているのを聞いた事があると思いますが、

農薬や品種改良の影響で、

野菜によっては昔に比べて栄養素が50%落ちているものもあります。

ピーマンが苦くなくなったりして野菜が苦手な子供も減ったと思いますが、

栄養という意味では改悪されてしまっているんですね。

ですから25%のカロリー制限をずっと続けていると、

老化はしないかもしれませんが栄養失調で他の病気になってしまうと思われます。

若返りの具体的な方法

まずカロリー制限をしていない現状でもほそぼそと活動しているサーチュイン遺伝子を、

少しでも活動しやすいようにしてやる事が重要です。

夜食はしない

これくらいだったらなんとかなる気がします。

たまには食べてしまうと思いますが。

サーチュイン遺伝子は、

血糖値が上がってインスリンが分泌されると活動を停止する事が分かっています。

ですから急激な血糖値上昇に繋がる

スイーツや缶コーヒー等は出来るだけ避けます。

夜ごはんから朝ごはんの間は一番時間が長く、

この間に一番サーチュイン君は頑張ってくれています。

ですから夜食を食べてしまうのは若返りを目指す人としては最悪の行為です。

ちなみにレスベラトロールという成分を接種することで、

カロリー制限をしなくてもサーチュイン遺伝子が活性化するかも!?

と一時期言われていました。

しかし現在では、レスベラトロールは直接活性化には影響しないという事が分かっています。

レスベラトロールというのは赤ワインや落花生の渋皮に含まれるポリフェノールの一種です。

レスベラトロールは若返り遺伝子の活性化はしなくても、

活性酸素除去の作用があるのでさまざまな病気の予防にとても期待されている成分です。

しかし、適量を超えて服用し続けると

腎臓の障害や女性系のガンのリスクが高まるのではないか?

と疑われているので、注意が必要です。

まとめ

食べなければ老けませんが、他の病気になります。

本当に気合の入った人はサプリメントで栄養を補給しつつ、

がっつりカロリー制限をしていきましょう。

ただし栄養素は互いに補完し合いながら人間の体に作用しているものなので、

例えばミネラルだけ、とかビタミンだけを接種することはあまり意味がありません。

そこまでしなくても、

結局出来る範囲で節度のある生活を送る事が長生きの秘訣という事ですね。

僕もかなりお腹は減っているものの、

何も食べずに今日を終えようと思います。

有難う御座いました

バルジ領域と薄毛、白髪の関係

目安時間:約 4分

バルジ領域という言葉を聞いた事があるでしょうか?

2000年に発見されて以来、研究が進んでいます。

白髪が出来るメカニズムはずっと謎だと言われてきたのですが、

どうやらこのバルジ領域が白髪に深く関わっているということが分かりました。

 

そしてこのバルジ領域というのは、

先日の記事で紹介した薄毛にも関係してきます。

 

 

バルジ領域とは

 

上の図は毛穴のイラストです。

毛穴の一番下は毛母細胞で細かい血管と繋がって栄養が送られています。

毛穴の出口付近の横にくっついているような部分がバルジ領域です。

バルジ領域の中には

毛包幹細胞

色素幹細胞

といった細胞の卵が沢山入っています。

 

難しい説明は省きますが、考え方としては

 

毛包幹細胞=新しい毛を作る細胞

色素幹細胞=毛の色を黒くする細胞

という事です。

バルジ領域にこのどちらかの幹細胞が無ければ、

新しい毛が生えてこないし生えてきても白髪

ということですね。

 

 

17型コラーゲンとバルジ領域の関係

 

17型コラーゲンというのは、幹細胞を固定しておくために必要なコラーゲンです。

これが無くなると、幹細胞は本来の機能を失ってただの皮膚になってしまいます。

そして最終的にはフケとして剥がれ落ちていきます。

毛になるはずの幹細胞がフケになってしまうんですね。

 

17型コラーゲンを含むサプリメントやシャンプーという触れ込みで市販されているものは沢山あります。

ですが、このバルジ領域を発見した東京医科歯科大学が公式に

市販されているものを調べた中で17型コラーゲンが配合されている物は無かった

と発表しています。

またそういう製品があったとしても

直接頭皮に塗ったり摂取する事で意味があるのかどうか分からない

との事です。

残念ですが、さらに研究が進むのを待つしかないですね。

 

薄毛・白髪の対策

 

じゃあ結局どうしたら良いのかという事ですね。

 

実は17型コラーゲン自体を外から取り込む事に意味は無いですが、

自分自身で17型コラーゲンを作るのを助ける成分は存在しています。

また、17型コラーゲンは遺伝子が損傷を受けたときに減少しますが、

そもそも減らさないということも大事です。

 

そこで効果があると言われる成分を紹介したいと思います。

 

・マジョラムエキス

17型コラーゲンの産生を促進させる作用が確認されています。

またヒアルロン酸の産生促進も確認されているので、頭皮にも良さそうですね。

 

・ビワ葉エキス

遺伝子損傷を抑制する効果が確認されています。

また、先日の記事で紹介した脱毛因子が出来るのを抑える効果もあります。

 

これはどちらも頭皮に塗るものですね。

 

まとめ

 

バルジ領域には健康な髪が出来る卵がたくさん詰まっていて、

この卵を孵化させるのに大事なのは17型コラーゲンです。

 

17型コラーゲンは元々人間は持っています。

ですが、DNAが損傷を受けたときに減少していきます。

 

17型コラーゲンを直接補給する方法は今のところ無いので、

いかに増やすか、そして減らさないかと言うことが重要になってきます。

そして、DNAの損傷の原因は活性酸素です。

 

ここでも活性酸素が関わってきているんですね。

にっくき活性酸素については先日書いたのでご参照下さい。

 

有難う御座いました。

 

 

 

薄毛の原因と治療法

目安時間:約 5分

今日は薄毛等の髪トラブルのお話をしたいと思います。

僕は今のところ髪の量には安心していますが、

実の父が薄毛で悩んでいた事もあり

薄毛に遺伝が関係していると聞いた思春期の頃はかなり真面目に悩みました。

今は昔よりもいろんな事が分かってきたので、まとめてお伝えします。

まず薄毛のメカニズムから考えたいと思います。

なぜ髪が薄くなるのか?

人間の髪は

発毛→成長→抜け毛

というサイクルを繰り返します。

通常は発毛から自然に抜け落ちるまでが6年~10年と言われています。

しかし毛周期に異常のある方は発毛から抜けるまでが半年程度という方もいます。

自分の毛周期がどれくらいなのか気になるという方は

朝起きた時に枕に残っている髪の毛を確認してみましょう。

太い毛が抜けているなら、気にする必要はありません。

十分に育ってから、自然と抜け落ちています。

しかし細い毛が抜け落ちている方は育ち切る前の髪の毛が抜けてしまっているという事なので気を付けてくださいね。

毛周期がなぜ異常をきたすのか?

理由は2つありますが、まず一つ目は血流不足です。

睡眠不足やストレスも髪に良くないと言われていますが、

それも血管収縮が起きて血流が悪くなるためです。

血の流れが悪くなる事で、毛根に栄養が行かなくなるんですね。

このような状態の方は多いと思いますが、これにはちゃんと理由があります。

髪の生えている耳の上の部分には筋肉があり、その筋肉は顎と連動しているんですね。

そのため咀嚼をするたびに耳の上の部分が動き、血行が良くなるのです。

頭頂部には筋肉が無いので、側頭部の髪のみが残る事になるのです。

二つ目の理由は男性ホルモンです。

男性ホルモンが抜け毛に影響してるという事はご存知の方も多いと思いますが、

厳密には男性ホルモン自体が薄毛の原因ではありません。

テストステロンという男性ホルモンは、

頭皮のⅡ型5α-リダクターゼという酵素と結合し

DHT(デストロテステロン)という、強力な男性ホルモンに変換されます。

Ⅱ型5α-リダクターゼの量は遺伝によって決まっているので、

薄毛は遺伝と言われているのです。

そしてこのDHTは脱毛因子である

TGF-β(トランスフォーミンググローイングファクターβ)

を沢山出すのですが、このTGF-βは髪の成長を止める働きをします。

テストステロン+Ⅱ型5α-リダクターゼDHTTGF-β→抜け毛

という順序ですね。

つまりこの中のどれかの働きを止めれば、原因を取り除けます。

薄毛の対策

今は薬として処方されるものや、サプリメントとして販売されるものがあります。

①ミノキシジル

これは血管拡張薬として開発された薬ですが、

発毛に効果があると分かってからは発毛の方が有名になりました。

血管を広げるので、当然血の流れは良くなります。

上で書いた一つ目の理由を改善するお薬ですね。

ただし副作用があります。

血の流れが良くなる事で心臓に負担があるのです。

ですので心疾患のある方は使えません。

②プロペシア

これは理由の2つ目の男性ホルモンを止めるお薬です。

先ほどの

テストステロン+Ⅱ型5α-リダクターゼDHTTGF-β→抜け毛

の中のテストステロンを止めるという方法です。

しかしやはり副作用があります。

それは男性ホルモンを止める事によるEDです。

上を取るか下を取るかの二者択一を迫られるわけですね。

一番有名なものはこの二つです。

副作用が嫌だという方は頭皮のマッサージをしたり、

クジンという血流をUPさせる生薬もあります。

また、Ⅱ型5α-リダクターゼやDHTの働きを阻害するにはβグリシンが良いと言われています。

しかしどちらにしても対策は早い方が良いでしょう。

人間の毛穴は毛が生えていない状態が長く続いていると閉じていきます。

若い方なら大丈夫ですが、髪が生えていない状態が長く続いてしまうと、

もう発毛は望めなくなってしまします。

毛穴が塞がった状態からもう一度生やすには、

まず毛穴を空ける作業から始める事になるのでかなり大変になってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当は

対策として新しいものが見つかりましたというお話を書きたかったのですが、

あまりに長くなってしまったのでまた次回書きたいと思います。

今日は遅くまで起きてしまったので、

せめて頭皮マッサージをしてから寝ようと思います。

皆様もお気を付けください。

活性酸素とは?原因と対策

目安時間:約 6分

先日

人間の病気の90%は活性酸素が原因

という事を書きましたが

今日は活性酸素とは何かという事について詳しく書いていこうと思います。

 

活性酸素はガンの原因にもなるし、心疾患や脳卒中の原因にもなります。

ちなみに上の三つは、日本の病死トップ3ですね。

 

しっかり対策をして、自分や周りの人たちを守っていかないといけません。

 

活性酸素ってなに?

活性酸素というのは、不安定な酸素の事です

活性酸素と言うと、なんだか元気な酸素という感じがしますが、

そんな気の良いものではありません。

活性酸素は寂しがりやの酸素で、誰とでもすぐ仲良くなろうとします。

 

しかし、活性酸素と仲良くなった物質はもれなく酸化します。

リンゴが茶色くなったり鉄が錆びたりする状態ですね。

 

そんなものが人間の体の中では常に作られています。

 

例えば電磁波を浴びた時や、紫外線を浴びた時。

ストレスを感じた時や激しいスポーツをした時

(ちなみに朝の満員電車のストレスは、戦場の最前線と同程度と言われています。)

激しいスポーツをした時や長距離を移動する時。

細菌が体内に入った時、細菌に対抗するための医薬品を摂取した時。

 

すべてが活性酸素が発生する原因になります。

 

携帯電話の普及率は80%以上と言われていますが、

携帯電話を持っていない子供の人数を考えれば、大人はほぼ100%日常的に

携帯電話の電磁波を浴び続けているのではないでしょうか?

ほぼ全てのサラリーマンが毎日満員電車を経験しているし、

ウイルスにさらされています。

風邪をひけば薬を飲むでしょう。会社を休むわけにはいきませんから。

日光を浴びない生活も無理です。

 

つまり日常生活を送れば活性酸素は増えてしまうと言うことです。

 

活性酸素が出来るのを抑えることは、生きている以上出来ません。

出来てしまった活性酸素をどうやって減らすかがポイントという事です。

 

活性酸素の種類

スーパーオキサイド

過酸化水素

ヒドロキシルラジカル

一重項酸素

 

この四種類が、活性酸素と呼ばれるものです。

しかし厄介な事に、それぞれの活性酸素を分解する成分はそれぞれ違います。

 

スーパーオキサイドを分解するものはSOD酵素という、

人間の体が本来持っている酵素とミネラルです。

SOD酵素は年をとるに従って減ってきてしまいますが、サプリメント等で補う事が出来ます。

しかしSOD酵素によって分解されたものが、次に出てくる過酸化水素です。

 

過酸化水素を分解するものは、カタラーゼやマンガンと言った栄養素です。

これを3%に薄めたものが、昔誰しも使っていたようなオキシドールですね。

消毒や漂白の時に使うものですが、人体には劇物です。

 

ヒドロキシルラジカルを分解するのはビタミン群です。

水素でもヒドロキシルラジカルの働きは弱まる事が分かったそうですが、

これは血液中に点滴などで投入する事でやっと効果が期待できる程度です。

一時期流行った水素水にはなんの効果もありません。

ちなみにヒドロキシルラジカルは最も酸化力が強いと言われています。

 

一重項酸素を分解するのはリコピン等のカロチノイドです。

これは紫外線を浴びる事で出来る活性酸素です。

肌トラブルの原因になる活性酸素ですね。

 

と言う事でそれぞれの活性酸素を消去してくれる栄養素はあるのですが、

全てを摂取し続けないといけません。

なぜならそれぞれの栄養素はそれぞれの活性酸素と戦う事で消費されてしまうからです。

 

しかし栄養素の中で唯一、全ての活性酸素と戦う事が出来る栄養素も存在します。

 

活性酸素の対策

αリポ酸は全ての活性酸素と戦う事が出来て、

さらに他の活性酸素と戦う栄養素を補助する事も出来て、

さらに繰り返し活性酸素と戦う事の出来る酵素なのです。

 

人間の体の中でももともと作られる酵素なのですが、

例によって年とともに合成量は減っていきます。

 

食べ物にも含まれている成分なのですが、

含有量はごくわずかなので結局はサプリメントで摂取するしかないでしょう。

ちなみに食べ物だとほうれん草やジャガイモなどに含まれていますが、

一日の摂取目安の200グラムのαリポ酸を摂ろうとすると、

ほうれん草を300キロというとんでもない量になってしまいます。

 

サプリメントで摂取する場合吸収率が問題ですが、

基本は空腹時に摂取するのが効果的なようです。

脂肪燃焼を助ける効果もあるので、一時期はダイエットサプリとして有名になりました。

摂取した糖分を速やかにエネルギーに変えるという作用もあるので、

血糖値の上昇を抑える効果もあります。

外国では医薬品としても処方されているようですね。

 

まとめ

長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

アメリカでは現在サプリメントの普及率が日本の携帯電話普及率と同じくらいになっているそうです。

医療が発達して長生きが出来る時代になったからこそ、

いかに長く健康でいられるかが大事になってきているんですね。

 

僕も自分の娘たちの世話にならないよう、

今から健康に気をつけて生活したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ