ほくろが出来る原因と対処法

目安時間:約 3分

まもなく春ですね。

今日の東京は良く晴れていたので、日中は気分良く愛娘たちとデートを楽しんでいました。

そんななか、娘の顔に生まれて初めてのほくろを発見しました。

僕はもともとほくろの多い方なので、娘もほくろが多くなってしまったらどうしよう…。

ということで、今日はほくろが出来る原因について書いてみます。

ほくろが出来る原因

日光を浴びるとほくろが出来る

というのは聞いた事があると思います。

日に当たると日焼けをして黒くなるのもなんとなくほくろとの因果関係がありそうですもんね。

ただ、本当は日焼けとほくろは全然別ものなんです。

日光を浴びると肌内部では活性酸素が発生します。

ちなみに人間の病気の原因の90%は活性酸素が原因

と言われています。

それぐらい悪いやつなんですね。

活性酸素が発生すると、人間の体は活性酸素を取り除こうとします。

その時に頑張るのがメラノサイトという細胞です。

メラノサイトはメラニン色素をだして活性酸素をやっつける良いやつなのです。

そして活性酸素が分解されると、黒い色に変色します。

これが日焼けです。

一方ほくろは、このメラノサイトという細胞が変異したものです。

いわゆる、腫瘍というやつですね。

良性の腫瘍だったら問題無いです。ただのほくろです。

でも悪性のほくろというものもあります。それは皮膚がんです。

活性酸素は細胞を変異させる力を持っています。

その活性酸素によって良いやつだったはずのメラノサイトがダークサイドに落ちた状態が、

ほくろなんですね。

つまりほくろの原因は日光ではなくて、

日光を浴びることによってできる活性酸素という事です。

ほくろを作らない為の対策

ここまで読んで頂いても

「じゃあ結局日に当たらない事なんじゃないか!」

と思うかもしれませんが、それだけではありません。

活性酸素は、日に当たる以外にも人間の体では常に発生しています。

ストレスを感じた時や、異物(アルコール等)を接種したとき、

高速で移動するとき(電車移動等)、TVや携帯電話などの電磁波を浴びたとき

常に人間の体では活性酸素が生まれています。

だから活性酸素を作らないようにするというのは不可能なのですが、

出来た活性酸素を食べ物によって減らすことは出来ます。

赤ワインでおなじみのポリフェノールだったり

緑茶等でおなじみのカテキンだったり

大豆などでおなじみのフラボノイドだったり

こういったものが、抗酸化作用の高い栄養と言われています。

赤ワインや緑茶は娘にはまだ早いので、とりあえず我が家では納豆を食べさせる事にします。

活性酸素についてはまた明日もっと詳しく書こうと思いますので、

よろしくお願いいたします。

カテゴリ:美容の話  [コメント:0]

花粉症対策!お茶の効果と美味しい飲み方

目安時間:約 4分

毎年、この時期になると夫婦仲が悪くなっていきます…。

ひいては家庭環境が悪くなっていきますので、子供に迷惑がかかってしまいます…。

我々の家族中を引き裂くものは…

そうです。花粉症です。

僕自身は花粉症になったことは無いのですが、

奥さんは昔から花粉症がひどいそうで、

この時期になると明らかに期限が悪くなっていきます。

我が家では奥さんの機嫌をとるため以前から花粉症対策はいろいろと試しています。

最近は乳酸菌をとって腸内環境を改善することで花粉症を軽減するという方法が流行っているみたいですね。

しかし腸内環境の改善は花粉症の症状が出てからでは手遅れなようで、

冬の時期から乳酸菌を摂りだしておかないと効果は薄いそうです。

あとは単純にマスクをしっかりするとか、花粉症スプレーをするとか対策はいろいろあります。

我が家の花粉症対策の中で、今まで一番効果があったのはお茶でした。

もともと僕はお茶屋さんの息子だったこともあり、日本茶アドバイザーという資格を持っています。

お茶の中でも「べにふうき」という品種のお茶がアレルギーに良いというのは知っていたので、

試しに奥さんに飲んでもらったのです。

もちろん効果は人によって違うとは思いますが、奥さんには黄河あったようです。

特に副作用もなく、症状が軽減されたので喜んでいました。

花粉症になる理由

花粉のようなアレルギー性のものが体に入ってくると、

人間の体は抗体をつくります。

抗体を作るかどうかは人それぞれなので、花粉が入ってきても抗体を作らない体質の人はそもそも花粉症にはなりません。

そしてこの抗体とアレルギー物質は「カギと鍵穴」のような関係になっています。

カギが花粉で、鍵穴が抗体ですね。

この鍵穴にカギが入ると体が花粉を追い出そうとして涙や鼻水になります。

なぜ花粉症対策に「べにふうき」が良いか

「べにふうき」という品種のお茶は他の緑茶と違って、「メチル化カテキン」という成分を多く含んでいます。

メチル化カテキンはさきほどの「鍵穴」にフタをしてしまう作用があります。

だから体が反応しなくなるんですね。

他のお茶もそうですが、

カテキンが溶け出すのは90℃以上以上のお湯ですので、花粉症対策に飲む時は高い温度で抽出した方が良いでしょう。

ちなみに美味しくお茶を飲む時は高い温度はNGですが、話が逸れるのでまた別の機会に書こうと思います。

「べにふうき」の美味しい飲み方

メチル化カテキンは、苦みが普通のカテキンより強いです。

さらに高温で抽出するともれなく他の苦み成分のカフェインもついてきます。

目が覚めますので、夜飲むにはあまり適していません。

苦いのが苦手な方は高温で淹れたお茶をしばらく置いておきます。

そうすると下に沈殿してきて上の部分は比較的澄んでいる状態になります。

そのうえの方だけすくって飲んでください。

普通に飲むよりも、大分苦さは軽減されます。

いかがでしたでしょうか?

もしご興味がありましたら、是非お試しください。

演技力を伸ばす方法とは

目安時間:約 4分

小さい子供って可愛いですよね。

我が家にも小さい子供が2人いますが、とっても可愛いです。

自分の子供を芸能界に!とか思った事も無かったですが、生まれてみるとあまりの可愛さに

「この子はスターになれるんじゃなかろうか?」

とかうっかり思ってしまいます。

子供にとっては迷惑かもしれませんが。

ちょっと興味があったので、知り合いの俳優さんに演技力を高める方法を聞いてみました。

そしたら完全に大人用の答えが返ってきたので、我が家の子供に伝授することは難しいですが、せっかくなので俳優を目指している大人の方は参考にして下さい。

演技力の訓練

①体の意識を鍛える

その方が言う体の意識を鍛えるというのは、肉体訓練をしろという事ではありません。

自分の体が他人から見てどう見えているのかという事に敏感になるというような意味だと思われます。

要は自分では悲しいお芝居をしているつもりが他の人からは怒っているように見えたら失敗ということですね。

体の意識を鍛える方法はいろいろあるようですが、鏡を見る頻度を増やせばそれだけでも効果はあるそうです。

その話を聞いて、昔聞いた心理実験の話を思い出しました。

ある大学で、ある日廊下に突然全身が写る鏡を置いたそうです。

そして、その前を通る学生が何回鏡の方に視線を向けるか

鏡の方を見る頻度が高い学生や低い学生に法則はあるのか?

という実験です。

結果は、一般的に異性から人気の高い学生は鏡を見る頻度も多かったそうです。

自分が他人からどう見えているかという事をしっかり自覚している人の方が、他人から見て魅力的に見えるということなのでしょう。

たしかに身の回りでも思い当たるふしがあります。

②声の意識を鍛える

意識を鍛えるシリーズの第二弾ですね。

でも声の意識ってなんでしょう?

例えば相手が低い声を出してきたら高い声で答える。

大きい声を出してきたら小さく答える。

というような事は俳優が観ている人の注意を引くためのテクニックとして使われているようです。

たしかに日常生活でも喫茶店でコーヒーを飲んでいる時に隣の席のおじさんが

「ハックション!!!」

と突然大きなくしゃみをすることがありますが、驚いてつい見ちゃいますよね。

それと同じような事を俳優もやっているそうです。

でも音に対して普段から敏感になっていないと、咄嗟に相手のセリフに反応して高さや大きさを調整するのは難しそうですね。

この声の意識を鍛えるには、やはり専門のボイストレーニングを受けるしかないそうです。

ボイストレーニングまで行かないまでも、友達とカラオケに行くのも音や声の意識を高める役にたつそうですよ。

③関係性の意識を鍛える

簡単に言うと同じ言葉でも誰といつどこで話しているのかという事を意識するという事です。

例えば同じ

「おはよう」

という言葉でも、母親に対しての「おはよう」と自分の子供に対しての「おはよう」ではまったく違ってきます。

この場合は分かりやすい例ですが、

部長に対しての「おはようございます」と課長に対しての「おはようございます」ではどうでしょう?

普段意識的に過ごしていないとどういう違いがあるか分からないですよね。

この関係性の意識を鍛える為には、人生経験を積む以外に方法は無いそうです。

いかがでしたでしょうか?

我が家の幼子には難しい事ばかりなので、残念ながらあまり参考にはなりませんでしたが

せっかく聞いたので、いつか演技をするときの為に僕も意識的に生活していこうとチラッと思いました。

固定電話の必要性

目安時間:約 3分

今日本の携帯電話普及率は80%を超えています。

そんななか固定電話って必要なんでしょうか?

実は我が家でも娘が幼稚園に通う事になり、

いろんな書類に電話番号を書くことが増えてきたので、

今まさに固定電話の導入を検討しています。

とはいえ、全然要らないものを体裁の為に用意するのもなぁー…

と思って固定電話の良いところを考えてみました。

 

固定電話を使う場合のメリット

①通話料金が携帯電話に比べて安い

②災害の時に強い

③社会的な信用につながる

があります。

 

①通話料金が携帯電話に比べて安い

携帯電話の場合契約中のプランや架ける先にもよりますが、

通話料金は30秒で7円~20円程度です。

一方固定電話はこれも使うサービスの種類や架ける先にもよって変わりますが

通話料金は30秒で1円~8円程度です。

携帯電話だと10分話したら最大400円になるのに対して

固定電話だと10分通話料の最大が160円なので

一時間あたりの差額は1440円になります。

携帯電話だと無料通話のサービスもあるので友達同士なら無料通話で良いですが、

実家の両親や公的機関と月に一時間以上やりとりするようなら

固定電話を導入しちゃっても良いのかもしれません。

 

②災害の時に強い

実際に大震災の時、携帯電話の回線はパンクしてかなり繋がりにくかったものの、

固定電話は使えるという状態だったそうです。

また、固定電話の種類によっては停電で電気が来ていなくても使えるものもあります。

(黒電話等の電源を必要としない電話だけですが)

子供がいる家庭だと、万が一の時に繋がりやすいのはありがたいですね。

 

③社会的な信用につながる

固定電話の番号が無いと、ローンが組めなかったりすることがあるようです。

お店を始めるというような方は特に信用の面で固定電話は必要かもしれません。

チラシなんかに携帯電話の番号が書いてあっても、

知らない人の携帯電話に架けるのはなかなか勇気がいりますもんね。

 

補足です。

電話を申し込んだ時はランダムでそれぞれに電話番号が割り振られるのですが

良い番号はかなりの高値で売買されているようです。

地域にもよりますが、

100万円以上の高値

で売りに出されていたりもします。

会社を始める方はやっぱり良い番号が良いですもんね。

もしも万が一我が家にそんな番号が手に入ったら

すぐ売ります!

そんな宝くじ感覚で固定電話を導入してみるのも良いですね。

以上固定電話のメリットをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

個人的にはいろいろ調べてみて、

固定電話、あっても良いかなぁ…

という気になりました。

皆様にとって春からの新生活に向けての参考になれば幸いです。

超高齢化社会の問題と医療の話

目安時間:約 3分

今日本の平均寿命は延び続けていて、男性で80歳、女性で86歳です

でも平均寿命以外に健康寿命というものがあって、

この健康寿命は何年も前から変わっていません。男性が71歳、女性が74歳のままです。

平均寿命は純粋な寿命の事で、健康寿命は人の手伝い無しで自分の力で生活が出来るレベルの元気を持って生きていられる年齢の事です。


つまり、我々日本人は残念ながら今の医療の中では最後の十年は病気で死にかけながら生きる事になるんですね。

これは今現在高齢の方だけの問題ではありません。

自分の両親が動けなくなれば、それをサポートをするのは子供であるあなただからです。

これからの日本は世界に類を見ない超高齢化社会に突入していきます。

1950年の時点では10人の若者で1人のご老人を支えている比率だったのが、

今はほぼ若者2人にたいしてご老人1人の割合になっています。

これから先はどんどん若者の割合が低くなるでしょう。

みんな分かってると思いますが、年金制度は間違いなく崩壊すると専門家は口を揃えて言います。

医療制度もこの先どうなるか分かりません。

今のうちから今後に備えておかないと、悲惨な未來が待っているかもしれません。

ところで、外国ではダイナミックヘルスという考え方が浸透しています。

ダイナミックヘルスとは、平均寿命と健康寿命をイコールで結ぶという考え方です。

アメリカでは健康保険という制度は無いので、一たび入院ということになれば日本では考えられないような治療費が請求されます。

そのために体を壊さずに、最後まで生きていける方法をみんなが探っています。

そう言われてみると、アメリカの映画やドラマではランニングのシーンてよくありますよね?

ちなみに、アメリカのサプリメント普及率は日本の携帯電話の普及率と同じだそうです。

これすごくないですか?

今の日本で高校生以上で携帯電話を持っていない人はかなり少数だと思います。

【携帯電話持たない主義】の人くらいではないでしょうか?

そういう主義を持ってたとしても、携帯電話が無いと仕事もままならなかったりするので、

携帯電話を持ってないのは【携帯電話を持たない主義の地主さん】くらいです。

病院で出来るのは頭が痛い時の頭痛薬だったり、熱が出たときの解熱剤だったり

対処療法であることがほとんどなので、根本的な解決にはなっていません。

対処療法についてはまた書きますが、

これからは我々も

病気をしたときに病院に行って治す

よりも

そもそも病気にならない。

という方法にどんどんシフトしないといけないのかもしれませんね。

カテゴリ:お金の話  [コメント:0]

1 4 5 6

ページの先頭へ